曇天山行マカラ3〜気づいたら坂中毒〜

ロハで公園を楽しんだ翌日。

天気予報は雨で,降る確率は60%

もう一泊するかなあ,と思ったけど,午前10時まで雨が降らないので出発。

 

このあたりから,体が何かおかしい。

別に体調が悪いわけではない,絶好調だ。

何がおかしいかって,夜は「明日は休もう」って思うんだけど,朝になると「早く坂登りたい」って思っている自分がいる。

頭も体もおかしくなってしまったのだろうか。

 

今日はロハを出て,となり町のカタマヨまで。

600m登ってから,一気に1300m下る。

標高が大きく下がるのか,エクアドルの山ももうすぐ終わりなんだな。

 

出発した瞬間から登り。

雨は気にならないていどには降っているので,レインウェアを着て走る。

もう登りが続くことに不満はない。それどころか,わずかに気持ち良さを感じている。

 

きっと頭の中でアドレナリンとかエンドルフィンとか,ヤバめのものが出まくっているのだろう。

坂が嫌い50%,気持ちいい50%だ。

 

頂上まで,雨が強くなることはなかった。

いい感じの広場があったので久々の自撮り。

このレインウェアで撮ったのは初めてかも。退職するときに,先生方からもらったものだ。

 

よし,あとは下り・・・

 

 

ザーーーーーーーーー!!

 

 

急にもう,これは,どしゃ降りだ!

つい最近,「もう雨の中でのダウンヒルはさけます」

とか宣言したばっかりなのに・・・。

 

このまま山の上にいては雨に打たれるだけ,下って雲から逃げないといけない。

結局雨の中,1300m下るしかないのか・・・せっかくの楽しい下りが台無し。

 

ま,今回はブレーキきくから大丈夫でしょ!

 

 

はい,1300m下ったら,カタマヨは晴れでした。

晴れてるのに町で一人だけずぶ濡れ・・しばらく公園のまわりを走って自然乾燥。

予約してあったホテルは,なんと4つ星だった。

 

料金を見るとシングルで一泊60ドル(6500円)って書いてある。

でもBooking.comで予約したから16ドル(1750円),いやあ,おトクだ。

 

部屋が5階と言われて「うえっ!」と思ったけど,さすがは4つ星。

エレベーターがしっかりあるんです。

 

標高が1500mぐらいなので晴れた日はそこそこ暑い。

なので部屋にはエアコンが付いている,久しぶり!

室外機が外にあったのでくつ下を干してみた。

 

数分後に見たら,1足無かった。

風強いし,まあ,そうなるよね。あきらめよう。

 

 

カタマヨは大きくないけど,きれいにまとまった町。

アラウシほどじゃないけど,好きな部類だ。

公園は日陰が多くてすずしい。

「もう山は十分だ,明日はバスで移動しよう」

「すみません,〇〇行きのバスはいくらですか?」

「よし,じゃあ明日は9時のバスに乗ろう」

 

こんな感じで4日連続で,バスの値段を聞いて,時刻を調べている。

結局朝になったら自転車で行こうと思うのに。

一体,どういう精神状態なんだろう。

 

 

バスで行こうと思っているのに道もしっかり調べる。

カタマヨからマカラまでは2つのルートがある。

これまで走ってきたパンアメリカンハイウェイを行く赤ルート

いなか道で車も店も少ない青ルート,どちらも145kmぐらいで変わらない。

 

大きなちがいは,途中の町までの道のり。

赤ルートではカタコチャまで58kmだから,2日目に90km近く走らなければならなくなる。

青ルートではカリアマンガまで70kmだから,2日目は75ですむ。

 

登りと下りはよくわからないけど,どちらも同じようなものだろう。

さあ,あなたならどちらのルートで行きますか?

 

サトウが悩んだ末に選ぶのは

赤か,青か,それともバスか!?

 

 

次回をお楽しみに!

Amazon

サトウにメッセージを送る