曇天山行マカラ1〜エクアドル最長,105kmを走りきれ!〜

2泊したクエンカを出発。次の区切りは,エクアドルの出口であるマカラ。

 

そして今日は,しばらく前からずっとおそれていた日。

グーグルマップで見ると,105km先のオーニャまでホテルがない。

105kmなんてただでさえ長いのに,アンデスの山道ときている。

登り1700m,下り2000m。本当に走りきれるだろうか。

 

 

雨がぱらつく中,ホテルを出る。

クエンカの街中は坂もなくスムーズに脱出。

街を出ると,めずらしくそれほど坂の無い,平地とも言える道が25km続いた。

こんな道は,エクアドルに入って初めてだ。

これまで800km近く走ってきたけど,平地は10分の1もないだろう。

 

そんな幸せな時間は長く続かず,小さな町を過ぎたら登りが始まった。

曇りなので特に見るべき景色はない。

 

何もねえなあ〜,と思いながら走っていると,急にきれいな家が出てくる。

エクアドルあるあるだ。これのまわり,本当に何もない。

 

途中で地図にない町が出てきた。ごはんを食べようかと思うけどまだ11時なのでパス。

 

その後もどんどん登っていき,寒いぐらいに気温が下がる。

そこでちょうど,チーズ工房のレストランを発見。

 

エクアドルでおなじみ,「セコ・デ・ポヨ」

豚肉バージョンの「セコ・デ・セルド」もあって,どっちも肉が少ねえ!

その分,米が異様に多く,ものすごく安い(220円)

 

お腹いっぱいになって,再び出発。

気がつくと,標高3000mをこえていた。

実際は3085m。時計は120mの差があるんだな。

 

昼をすぎたのに,オーニャまで56km。まだ半分も来てない。

この辺りから下りが始まった。

 

いい感じにアップダウンを繰り返す。

一気に下るよりいい。アップダウンは大好きだ。

 

下りの途中で,町が見えてきた。あれはまだオーニャじゃないな,と余裕の自撮り。

いやしかし,さすがはアンデス山脈,どこまでも山が続いていますな。

 

下りメインで余裕で進んでいると,最後の最後で強烈な登りが出てきた。

もう少し,あと6kmぐらいで着くのに,300mも登らせるなよ!

すでに100kmも走ってきて疲れてるのに!

 

そして走り出してから8時間半,ようやくオーニャまでたどり着いた。

ホテルの看板にしたがって進むと,写真で見たとおり高そうなホテル。

中に人はおらず,電話して呼ばなきゃいけないみたいだ。面倒だなあ。

 

道行く人に,「他にホテルはある?」と聞くと,町の中心にあると教えてくれた。

地図にのってなかったけどあるんだ!喜んで町の中心へ・・100m登っていった。

おいおい,ここが1番しんどかったよ。

 

 

中心に着くと,いい感じの公園。これは,ホテルの1軒ぐらいあるでしょう。

近くの店で「このあたりにホテルある?」と聞くと,「ない」と返ってきた。

 

 

さっきの人あるって言ってたじゃん。

あるはずだ。近くをぐるぐる探し回るも,見つからない。

あー,もうやだ,疲れた。

もう今日は消防署に泊まろう!

 

スペイン語で消防署は「bomberos(ボンベロス)」

この奥のスペースなら誰にもめいわくをかけないだろう。

 

荷物をおいて,「こんにちは!」と言うが,ここには誰もいない。

まあ,無断でも大丈夫でしょう。

 

 

ごはんを食べて戻って来ると,ちょうど消防署に入ろうとしている人が!

ここが消防署。

「自転車で旅してるんだけど,駐車場にテント張っていい?」

「だったらこの中でいいよ,自由に使って」

あっさりOK。当たり前のように中に入れてくれた。

 

久々のテント泊で,初めての消防署泊。

中には消火器や筋トレマシーンがある。とりあえず写真をとろう。

多分お願いすればWifiも使えそうな感じだけど,もう寝るだけだからえんりょした。

トイレがあるだけで本当にありがたい。

 

いやあ,寝床探しにはちょいと苦労したけど,山の105km,何とかなった。

ホテル代がゼロになったことを喜びつつ,やることがないので8時半には寝てしまった。

Amazon

サトウにメッセージを送る