山岳適応パスト5〜パストで寝る!観る!洗う!〜

今日はパストで1日お休み。

登りばっかりで脚がつかれているからゆっくりしよう。

午前中はホテルでひたすら寝て体を休める。

 

12時を過ぎたころに,街の中心を見に行くことにした。

外に出てみると,昼間なのに長袖でいいぐらいの気温だ。

ああ,これだよ,高地だよ,うれしい!

 

泊まっているホテルはここ。日本語にすると「公園のホテル」

 

その名の通り,公園のそばにある。

平日にもかかわらず子連れがたくさん。中には小学生ぐらいの子もいる。

ねえ,学校はいつやってるの?

聞けばいいのに勇気が出ない。

 

中心へと,荷物をおろした自転車を走らせる。

 

今日の観光ルート。

いつもどうやって街の中心を知っているかというと,

グーグルマップを見ればすぐにわかる。うすい黄色になっているところが中心だ。

このはんいにあるホテルを選んでおけば,近くにスーパーやレストランがあって便利なんだけど,人や車が多くてなかなか眠れないこともあるので,今回は少しはなれたホテルにした。

 

 

 

メデジンでも,というかコロンビア全体に言えるけど,

よくこんな山にたくさん街を作ったよなあ・・。

 

中心の広場に到着。

おしゃれな広場は,それほど混んではいなかった。

ただ,こんな山の街にも自転車乗りはたくさんいる。

ここまで来たら,確実に日本よりは自転車が盛んだと言えるね。

日本だと,スポーツバイクは趣味の物って感じだけど,コロンビアは生活に溶け込んでいる。

自転車専用レーンだって当たり前のようにあるしね。

 

 

人口50万人の都市パスト。中心部の中でも1番はしっこの公園まで行ってみよう。

 

ここは中心の中心,パストの真ん中の公園。

周りにはコロニアル風の建物がたくさんある。

 

 

これまでのコロンビアの街とちがって道が広めでゆとりのある感じだ。

 

さらに先へと進んでいく。

 

ここがはしっこの公園。様々なスポーツ施設がついている。

バスケやバレー,テニス,筋トレといった充実ぶり。

同じような服の人が集まっている・・これ,学校の体育の授業だな。

先生が笛を鳴らして,鬼ごっこのようなことをしていた。

日本でいうと中学生ぐらいか。

学校には広いグラウンドが無いんだろうな。

いや,ここもせまいけどね!

 

ここで観光は終わり。

帰りにコロンビアユニフォームを売っている店を探す。

どうせどこにでも売ってるでしょ。

 

はじめにチンチナで見たのが25000ペソ(830円)

次に見たのは10000ペソ(330円)→買った→失くした

 

パストで見つけたのは,

4000ペソ(130円)!?

 

手にとってみると,前のと生地がちがう。少し安っぽい。

でも完全にスポーツ用だし,サイズもぴったり。

本当に4000!?と聞いてみたけど4000だった。

よろこんで買う。やったぜ。

 

そしてホテルに戻って,時刻はまだ14時。

自転車の駆動系(チェーンなど)をきれいにしようとするが,ブラシを日本に置いてきてしまっtsことに気づく。油汚れをふきとる布も無い。

そういうピンポイントなものを海外で買うって,面倒くさいんだよなあ。

運良くホテルの近くにコストコみたいな超大型スーパーがあり,2つとも買うことができた。

 

少しでも楽に山をこえたいので,北米よりずっとメンテナンスに気をつかっている。

コロンビアを過ぎると,なかなか代わりのパーツも手に入らなくなるかもしれないし。

ホテルの外で一通り作業をして,今日やることは終了!

 

それからはスーパーで久々にお菓子を買って,部屋で食べながらゲームをしたりYouTubeを見たりしてだらだら過ごした。

 

ああ,がんばったらあと1日でコロンビアが終わってしまう。

次のエクアドルも楽しみだけど,もっとコロンビアにいたい。

よし,走るのを短くして,1日のばそう。その方が楽だし。

ということで,明日は700m登って1400m下る,かんたんなコースです。

 

あれ?700mが楽だと思っている自分がいる・・。

 

次回より

「絶景教会ラス・ラハス」

世界一美しいと言われる教会を見て,コロンビアを締めくくります。

 

Amazon

サトウにメッセージを送る