山岳適応パスト4〜暑さよさらば!2500mの都市パスト〜

今日はいよいよ,パストに着く。

道のりは30km。登りは1000m。

現在の標高1700mで十分涼しいのに,昨日あんなに頑張ったのに,さらに1000も上げるのか・・。

 

わかっちゃいたけど,4ケタが重くのしかかる。

助けて文乃姉ちゃん・・・。

 

 

朝8時過ぎには出発。

朝ごはんは,少し進んだところの町,チャチャグイで食べよう。

トラックの運転手が食事をしているので車だらけだ。

 

チャチャグイに着くまでに150mも登る。

 

子どもが2人,カギを開けようとしていた。学校,かな?

町と町の間のちょっとした集落なのに。

コロンビアでは一度も学校で活動している子どもを見たことがない。

 

やっとの思いでチャチャグイに到着。

ホテルがたくさんあるそこそこの町なので,昨日ここまで来てもよかったかな。

そんな適当なこと言ったら昨日の自分にぶっとばされるな。

 

安そうな食堂だけど,朝から豪華に行きましょう!

すでに汗をたくさん流している体に,塩味のフライドチキンがしみわたる。

さらにポテトにも塩をかけたので,塩分をとりすぎて体がぞわぞわしてきた。

ま,これから水でうすまるからいいでしょ。

 

さて,ここからが本番。

今日もまた,

もうずっと

終わらない

昨日より急な

激登り!

 

写真を撮る気にすらならなかった。

登りの間に撮ったのは一枚だけ。

子犬,かわいい!

この後左にいるお母さんがしばらく追いかけてきた。

 

しばらく登り,標高が2200mをこえると,空気が冷たくなってくる。さらにずっとくもりなので,体温が上がっているのに,長袖でもいいかなと思えるぐらい。

 

 

そして登ること4時間!

 

 

 

ついに頂上!

標高は2675m。1700mから出発したから,ほぼ1000mだ。

よく登ってきたよ・・。

 

そこからはパストまでずっと下り!

ふはは,今日はもう終わった!

この涼しさとまっすぐな道,広がる緑,カナダを思い出す。

 

 

 

眼下に広がる町。ここもパストの一部だろうか。

1つ1つの建物がきれいで,やっぱりカナダを思い出す。

 

遠くに高いビルが見えてきた,あそこがコロンビア最後の都市,パストだ。

やっと,やっと着いたんだ!

 

 

さらに下ると,まずはスラム地区。

町の中心からはなれた,高いところにある不便な場所に家があつまっている。

メデジンでも同じだった。高くて不便な場所がスラムだ。

 

パストの中心へと近づいていく。

道が広くて助かるけど,ちょいとわかりにくい。

地図とにらめっこをしていると,横から声をかけられた。

 

この前会った,カナディアンサイクリストの彼だった!

1日前に着いて,今日もパストに泊まるとは聞いてたけど,まさかばったり会うとは。

彼の友達と自己紹介をし会って,また連絡する約束をした。

 

 

ホテルに到着。

40000ペソなのにとてもきれいなところだ,大当たり!

2時前に部屋に入ることができた。

これまでとの大きなちがいは,かけ布団の量。

2500mぐらいだと,朝と夜は,日本の冬並みに寒くなるからだ。

あまりに重いのでひっぺがして数えてみた。

 

1枚目,厚い毛布。ベッドに対して毛布がでかすぎる。

 

2枚目。固い毛布。これもでかい。そして重い。

 

3枚目。うすい布。

これまでのホテルはこれ1枚のところが多かった。

 

最後にかけ布団。

だからベッドに対して大きすぎるんだって!

 

少し休もうと横になっているとそのまま寝てしまい,起きたら夕方の6時。

起きたときに体にかかっていたのは1番上の布団だけだった。

 

外が暗くなる前にご飯を食べに行く。

近くに中華屋があったので久々に行ってみる。

コロンビアでは初めてだ。

 

1番安いセットだけど,370円と少し高め。味は普通。量は十分。

うーん,もうコロンビアで中華はいいや。

 

 

 

さて,大きな街に着いたから明日は休んで観光をしよう。

明日のミッションは,

・自転車のそうじ,整備

・コロンビアユニフォームを買い直す

・子ども,学校の写真をとる

・くつ下の洗濯

 

さて,1日で全部できるかな・・。

Amazon

サトウにメッセージを送る