山岳適応パスト3〜900-600-850〜

走りきれるか不安だからだよ!!

全然!

全く!

これっぽっちも!

前向きな気持ちではない。

 

標高600mのエル・レモリノを出発。

今日は,これまでで1,2を争うほどきつい日になるだろう。

登って,下って,また登る。900-600-850

登りは合計1750m。これまでで最高はコスタリカの1300mアップなので,登りだけなら記録更新だ。1つもうれしくない。

 

 

町を出ると,すぐに登りが始まった。

なってこった・・・

 

今日も晴れてやがるぜ

 

晴れ具合なら昨日以上。

標高が低くてただでさえ気温が高い,日差し暑い,登りきついの3重苦。

150m登るたびに日陰に入って休憩するけど,時間ばかりが過ぎていく。

3重苦の中でも,日差しが本当にしんどい。

こんなにきついのに,まだ1つ目の登りの半分もいっていないという現実。

 

 

もう無理,途中のホテルでストップ。

 

 

いつも目的地を決めた後,もしそこまで行けなかったらここに泊まる,というところまで調べておくことにしている。ちょうど1つ目の山が終わったところにホテルがあるらしいのでそこで終わりにしよう。

 

そう決めると,力がわいてくる。

少しずつ,少しずつ,歩くような速さで登っていく。

 

500m登り,標高が1100mになろうとしているときに,登りはじめてから初の店を見つけた。

ここまでは山が険しくて道路しかなかったのだ。

 

 

家族でやっている小さな店だけど,今はオアシス。

飲み物を買おうと冷蔵庫を見せてもらうと,期待通り,コーラとHitがあったので2本買う。

 

 

 

 

冷えてる!!

 

冷蔵庫だから当たり前なんだけど,店によくある,外から中が見えるタイプの冷蔵庫の飲み物は,ぬるいことが多くて地面に叩きつけたくなる。

今回は普通の冷蔵庫に入っていたので,かなり冷えてる。

 

いつものようにコーラの炭酸をいい具合に抜いてから飲むと,暑さにやられていた心と体がよみがえるようだった。さらにHitのパイナップル&オレンジ味も飲んで,完全復活。

 

そこからは標高が上がったため,はじめより涼しくなり,さらに登りもゆるやかになったのでスムーズに進めた。

 

景色はひたすら山・山・山!

ごめん,まだ大丈夫だけど,ほんのちょっとあきてきた。

 

いつ見ても迫力はあるんだけど,最近ずっと見続けてるからね・・・。

 

 

1つ目の山が終わる少し前に,ストップする予定だったホテルを発見。

今日はコーラ&Hitパワーで,2つ目に山まで登れる気がする。

あっさり気が変わり,通り過ぎる。

 

 

標高1430m,1つ目の大きな登りが終わり,下りが始まった。

今回はぴったり900m登ってきた。900だって,登りすぎだろ。

しかも下ったら,また900近く登るんでしょ・・・。

この時点ですでに12時をすぎていた。4時間もかかったのか。

 

山をけずるようにして作られた道が見える。

コロンビアの人は,よくこんなところに道を作ったよね。

 

今日の道路も昨日と同じように穴あきガタガタ道が多い。

スピードの出ている下りで穴に突っ込んだら,良くてパンク,悪ければ転んで死ぬ。

ガードレールの向こう側はすぐ崖なので,ブレーキが遅れても死ぬ。

下りは下りで大変なのだ。

 

 

 

 

そんな下りはすぐに終わる。

この橋をわたったら,2つ目の山の始まりだ。もうここまで来たら行くしかない。

右奥にうっすら見えるガスステーションで休もうと思ったけど,また店がついていないところだったので通過。

 

また900m近い登りが始まる。

 

47都道府県の中で1番山のない千葉県民からすると,

坂がずっと続くなんてことあるの?どうせすぐ終わる・・って毎回思うんだけど,

 

 

本当に

ずっと

登りが

終わらない!

 

 

あと123kmでコロンビアも終わりか・・・近いようで遠いな。

標高が上がるにつれて曇りの時間がふえてきた。

100m登るたびに休みながら,少しずつ登っていく。

 

日が当たるときは暑いけど,今日の最初に比べたらまだマシ!

自分に言い聞かせながらさらに登っていく。

 

久々にトンネルが出てきた。車が後ろから来ないことを,ひかれないことを祈りながら抜ける。200mぐらいで短かったから問題なし。

 

 

登ってきた道を見るたびに引く。

「こんなとこ自転車で走るなんて頭おかしい」

 

 

またしばらく登ると,景色が変わって,遠くに建物が見えてきた。

 

ガスステーションだ!

 

最後の力をふりしぼる・・ようなことはしない。

これまでと同じペースでゆっくりと近づいていく。

 

標高800mぶりのガスステーションには,レストランがついていた。

600mlのコーラを買う。ああ,まさに命の水だ。

疲れていないときに飲んでもただの甘くて黒い水なのに。

 

 

そして出発から8時間30分,目的地のホテルに到着。

35000ペソ(1180円)だった,安くてラッキー。

 

 

コロンビア最難関,走りきったぞ!

 

なんて達成感は無い。

あるのはやっと着いたという疲労感と安心感だ。

標高1700m。

本当にぴったり900-600-850だった。

 

 

少し休んでご飯を食べに行こうと思ったら,どうしたことだ,レストランはたくさんあるのに次々と店じまいをしている。まだ6時だぜ!?

 

20分近くあるき回り,ようやく開いているところを見つけた。

最近は,豚肉をたのむことが多い。

いつもは紙みたいな肉だけど,ここのは肉厚でうまい。

 

まだ一度もコロンビアのビールを飲んでいなかったので頼んでみる。

味は悪くないけど,おいしいのは1口目だけ。あとは苦い水に感じてしまう。

うん,やっぱりコーラの方がうまいな。

 

 

その夜は,標高1800mの涼しさを感じながら,2日ぶりにぐっすり眠ることができた。

パストまでは残りたったの30km。

あれ?でもパストってたしか,標高2500m・・・。

Amazon

サトウにメッセージを送る