出発直前サウスアメリカ1~南アメリカ大陸ってどんなとこ?~

6月15日の出発まで,あと5日。

これまで支援してくださった方々に,メールを送りました。

クラウドファンディングのメッセージ欄からも送りましたが,気づいていただけているでしょうか。

支援者様用のアルバムを追加したので,少しでも楽しんでいただければと思います。

 

さて,ブログのネタも尽きてきたので,南米の予習をします。

調べすぎると楽しみがなくなっちゃうけど,

調べなさすぎると絶対に向こうで困ります。

 

どんな国があるか,それから行きたい場所についてはしっかり調べて行こうと思います。

 

はい,これが南アメリカ大陸。

この地図を見て,どんな感想をもちましたか?

小学校の授業では,子どもからでた感想や疑問から,その後の授業を組み立てていきますね。

 

 

 

 

私の感想は,

「ブラジルでけえ!」

「知ってはいたけどチリ細っ!」

「ベネズエラのとなりに,小さい国3つもあったの!?」

「チリの南のほうの,細かい部分,どうなってんの!?」

「よく見ると,千葉県に似てなくもない・・・?」

って感じです。

 

意外とたくさんの国があるんですね。

私が走る予定なのは

このルートなので,通る国は少ないですね。

本当は,

 

Gガンダムの舞台の1つであるギアナ高地

 

大統領のスピーチで有名になったウルグアイ(何それ?っていう人はぜひ見て!)

など,ルート外で行ってみたい場所はありますが,今回は見送りです。

 

南アメリカ大陸の特ちょう1 南米にしかいない生き物がいっぱい!

南アメリカ大陸は,3000万年前の超大昔までは,南極大陸とくっついていました。

青が南極大陸で,左上が南アメリカです。

はしっこのピョンと出た部分が,昔くっついていたのかな。

っていうか南極ってこんなに大きかったのね。

 

それから南極と分かれ,さらに今のパナマともつながっていなかったので,南アメリカはどこにもつながっていない,大きな陸地でした。

アリクイ,アルマジロ,アルパカ・・・この子たちは本当に「珍獣」って感じですね。

右下のは,ガラパゴスゾウガメ。

生き物の楽園として有名なガラパゴス諸島は,エクアドルの一部です。

 

南アメリカ大陸の特ちょう2 自然とかんきょう

南アメリカ大陸と言えば,

アンデス山脈!

南アメリカ大陸の西側,7500kmにわたってそびえる,世界最大の山脈だ。

この大陸を縦断(じゅうだん)するのは,アンデス山脈を走るのとほぼ同じ。

 

これだけ山があるってことは多くの街が,とっても高いところにあるってこと。

サトウも行く予定の,有名なウユニ塩湖は,標高3700m,富士山のてっぺんと同じぐらいだ。

中米みたいに「暑い暑い暑い!!」みたいにはならなそうだけど,

高山病で頭が「痛い痛い痛い!!」になりそうでちょいと心配。

 

また,世界で一番かんそうしているという砂漠が,チリにある。

その名は

アタカマ砂漠

中心部は,4年も雨がふらないこともあるらしい。

4年て。

ひからびるどころのさわぎじゃないわ。

 

調べてみると,山も砂漠も自転車にとってはなかなかきつそうだけど,

その分,景色やふんいきは,北アメリカ大陸以上!!だと思う。

絶対に走り切ってやるぜ!

 

南アメリカ大陸の特ちょう3 ヨーロッパに支配されていた

忘れちゃいけない,歴史!

中米と同じように,南アメリカも,スペインやポルトガルの植民地でした。

そのため,ほとんどの人がヨーロッパの言葉を話しています。

 

ほとんどがスペイン語ですね。

北にあるガイアナ,スリナム,フランス領ギアナは,イギリスやフランス,オランダの植民地だったので,その国の言葉が使われています。名前からもわかるように,ギアナは今でもフランスのものです。

 

ヨーロッパに支配されていたせいか,南アメリカの宗教は,

90%がキリスト教です。

中米と同じように,美しい大聖堂がたくさん見られそうです。

 

 

 

ということで,はじめは南アメリカ全体についてざっくりまとめました。

次回は,サトウが絶対に行きたい,楽しみにしている場所をしょうかいします。

Amazon

サトウにメッセージを送る