中京名城ナゴヤ2~すきやきと城~

アラスカンボーイと出会った名古屋。

2回目のこの記事では,

居酒屋「織田信長の台所」

名古屋城

を紹介していきます。

世界科学習とは何の関係もないように見えるけど,名古屋は外国人でいっぱいでしたよ!

 

 

居酒屋「織田信長の台所」

アラスカンボーイが連れて行ってくれた店。

今の愛知県は昔,「尾張(おわり」「三河(みかわ)」という地名で,室町時代の終わり,よく言う戦国時代には,多くの武将が活やくした場所なんだ。

特に有名なのは

織田信長(おだのぶなが)

※左が本物!信長もまさか400年後に女の子にされるとは思わなかっただろうね。

 

徳川家康(とくがわいえやす)

※左が本物!家康もまさか・・(以下略)

 

日本人ならだれでも知っているビッグネームだね。

きっと愛知県民は,「愛知は戦国の中心だったんだぞ,えっへん!」と思っているにちがいない。

 

だから,「織田信長の台所」という店があってもふしぎじゃないんだ。

と言っても,とても小さな店で,本当にここ?という場所にある。

この細くて天井のひくい通り,テンションが上がる。

こういうところにあるのは,おいしい店であることが多い。

 

見つけた!織田信長の台所。

店の外にはすてきな信長の絵。飲み放題は,ふつうの店より高いけど,さてどうだ。

入ってみると・・・

 

せ,せ,せまい!

カウンターが6~8席,4人がけのテーブルが1つ。がんばっても10人ちょいしか入れない。

予約しないとなかなか入れないだろうなあ。

でも,上から吊り下げられたお酒のビンが最高。はしから全部飲みたい。

 

アラスカンボーイが予約してくれていたのは,

すき焼き食べほうだい 90分 2000円

 

鶏肉,ぶた肉,牛肉,野菜,ごはんが何度でもおかわりできる。

これは安い!!

飲みほうだいをつけても3500円。つけるしかないでしょ。

 

安いからって味はそこそこ・・・ではなかった!

文句なしにうまい!

でも話に夢中で,すきやきの写真をとらなかったんだよなあ・・・。

ぐるなびから写真をひっぱってきた。

牛は黒毛牛,鶏は錦爽(きんそう)コーチンで,そのへんのスーパーで売っている肉とはちがう。

錦爽コーチンは,愛知と千葉で育てられているんだって。何というめぐりあわせだ。

肉はどれも本当にうまかった。

 

最近,お酒に弱くなってきたから,日本酒はあまり飲まなかったんだけど,少しは飲めばよかったなあ。

二日酔いがこわくて・・・。

 

食べて,飲んで,最後の方は店のお母さんもいっしょになって話をした。

店の人ときょりが近いからこそだ。

2人とも自転車旅をしていて,ブログがあることを話すと,

お母さんは私とアラスカンボーイのブログをスマホで検索して,ホーム画面にはりつけてくれた。

 

アラスカンボーイと会うことが目的だったけど,この店に来られたこと自体がいい思い出になった。

食べ放題だけじゃなくて,単品の黒板メニューもたくさんあったので,次行くときは絶対たのむぞ!

みなさんも,名古屋に行くことがあったらぜひ,「織田信長の台所」に行ってみてください!

食べログはここをクリック!

 

 

名古屋城

初めて名古屋に行くことになったので,

「名古屋城だけは行っておかなくちゃ!」

と思い,帰る日の午前中に,名古屋城にだけ行ってきた。

 

日本には昔,たくさんの城があったけど,江戸時代にそのほとんどはこわしてしまった。

→一国一城令(いっこくいちじょうれい)

 

その中で,今も天守(てんしゅ),城の一番上が残っているのはたったの12か所。

その中の1つが,名古屋城だ。

江戸時代が始まったばかりのころ,徳川家康が城をつくることを決めて,2年間をかけて建てられた立派な城。

一番上でかがやく,金の鯱(しゃちほこ)がとても有名。

 

名古屋城へは,名古屋駅から地下鉄で15分ぐらい。

 

地上に出ると,

あ!街の名前のオブジェだ!中米を思い出すなあ。

メキシコでは,ほとんど全部の街にあったよね。

 

 

城のまわりは公園になっていて,多くのレストランがならんでいる。

とってもおしゃれな観光地だ。

門のところで入場料500円を払う。少し進むと,

 

 

忍者だ!

とりあえず最後に「ござる」をつけておけばOK!という感じの話し方で,子どもたちにポーズを教えていた。

黒は・・・暑いだろうな・・・。

 

きれいな庭園を通ると・・・

城が見えてきた!手前にあるのは,本丸御殿(ほんまるごてん)

えらい人が実際に住んでいたところだね。

当時の資料をもとに最近立て直されたようだ。ここも入れるので行ってみよう!

中にはたくさんの人人人。

でも,ここは見る価値がある。城を見に来たけど,むしろここがメインかも。

 

ふすまにかかれた絵は,江戸時代とそっくりに再現してあるらしい。

こんな金ぴかで高級そうな部屋に泊まってみたいもんだ。

そして最後の本丸。いやあ,本物はかっこいいね!

こういう建物は日本でしか見られないだろう。外国人の観光客のほうが多かったかも。

 

城は,一番大きいものを「本丸」,近くにある,背の低いものを「二の丸」と言うよ。

城は住むための場所ではなくて,敵と戦うための要塞(ようさい)なんだ。

一番上の天守は,今は工事をしているようで入れなかった,残念。

 

公園内を一通り回って,1時間ちょっとで見学終了。

名古屋城は,日本が世界にじまんできる観光地だ!

 

他にも名古屋には,犬山城(いぬやまじょう)という,国宝になっている素晴らしい城があるようだ。

今回は行かなかったから,次があったら絶対に行こう。

Amazon

サトウにメッセージを送る