第1部 最終話~長き始まりの果て~

パナマビエホを見た後は,ケンタッキーで昼ご飯を食べて,空港近くのホテルに向かった。

 

空港近くに,30ドルぐらいのホテルがあるのはとても助かる。

しかもプール付きだ,入らなかったけど。

これまで,プール付きのホテルはいくつもあったけど,結局めんどうで一度も入らなかったな・・・。

 

夜は,少し歩いたところに中華の店があるらしいので行ってみる。

地元の人でにぎわう店だった。値段も,ビル街に比べてとても安い。

 

さてさて,中米最後の夜ごはんは何にしようかな・・・。

 

やっぱり,締めはチャーハンでしょ!!

 

メニューには,「chow-fun」とあった。チョウフン?これがチャーハンでしょ。

待つこと15分。出てきたのは・・・

 

チャーハンじゃなかった

 

チョウフンは,平べったい麺のことだったかー。

しかも量が半端じゃない。これ,食べられるかな。

 

全部食べられるかな,という不安を抱えてしまうと,食事がまったく楽しくなくなる。

「残してしまうともったいない」

このとき,やっぱり自分は日本人なのだなあ,と実感する。

 

おいしかったけど,思った通り,最後まで食べきることはできなかった。

 

 

次の日。いよいよ帰国の日。

飛行機は午後3時。本までは,丸一日かけて帰る。

 

パナマシティ→メキシコシティ  アエロメヒコ航空で4時間

メキシコシティ国際空港で6時間待つ

メキシコシティ→成田空港 アエロメヒコ航空で14時間

 

という感じだ。

荷物がしっかり届くか不安なので,少し高いけど,アエロメヒコだけで帰れるチケットを選んだ。

航空会社が変わると,その分トラブルの可能性が上がるからね。

 

 

午前中は,ゆっくり荷物をまとめる。

 

パナマシティのホームセンターで買っておいたものは2つ。

・大きめのブルーシート

・ロープ

これだけでいける。

 

自転車をできるだけ分解して,買っておいたブルーシートでくるみ,ガムテープでぐるぐる巻きにする。

4つのサイドバッグは,いらないものを捨てまくり,ぎゅうぎゅうに詰め込んで2つにまとめた。

その2つをひもでぐるぐる巻きにして無理やり1つにする。

これで,飛行機に預ける荷物は2つになった。

 

はい完成!

機内に持ち込むバックパックにはカメラやipadが入っている。

あの重い荷物たちがこんなにコンパクトにまとまるなんて,やればできるもんだね。

 

 

 

12時に,ホテルのバスに荷物を乗せて,空港まで送ってもらう。

 

着いて早速,アエロメヒコのカウンターで自転車を預けようとしたら・・・

 

「ラッピングしてください」

 

なにいいい!?

あんなにがんばってぐるぐる巻きにしたのに!

 

ラッピング。空港には,荷物を守るために,大きなラップでぐるぐる巻きにしてくれるサービスがある。

当然,お金がかかる。自転車は一番大きいサイズなので30ドル。

払いたくないのでねばる。

 

「大丈夫,このままでいいよ」

「この自転車は強いからこわれないよ」

「あまりお金がないから,ラッピングはしたくないんだ」

 

思いつくかぎりの言い訳をしたけど,受付の女性は困ったようにラッピングしてくれと言い続ける。

これはいくら言っても無理だと思って,仕方なく30ドルでラッピングしてもらった。

さらにオーバーチャージ,自転車が重いので180ドル追加で払う。

わかってたけど,わかってたけど!!

 

 

空港の出発ゲート近く。お土産がたくさん売っているけど,今は買う気になれない。

 

 

そして3時に,飛行機はメキシコシティへと出発した。

パナマシティ→メキシコシティは,着陸直前に機体が急激に上下したり,急旋回したりを繰り返した。

気持ち悪くなって,早く着いてと祈りながら乗っていたけど,隣の席の女性は耐え切れず,エチケット袋をもらっていた。

 

 

なんとかメキシコシティの空港に着いた。

乗り継ぎだけなのに,入国審査がめんどうだなあ,と思っていたら,

「機械で自動でできるよ」

なんと,機械にパスポートを読み込ませるだけで,入国完了。

ものの10秒で終わった。メキシコすげえ。

 

 

 

メキシコシティの空港は,もう何でもある。

oxxoはもちろん,セブンイレブン,スターバックス(2つ),カールスjrにメゾンカイザー(パン屋)

店を見て回ったり,快適なネット環境で株の取引きをしていたら,6時間なんてすぐだった。

 

 

メキシコシティから成田までは14時間。

これまで,最長で10時間ぐらいしか乗ったことがないので不安だった。

ラッキーだったのは,アエロメヒコとJALの共同運航だったこと。日本のCAさんがいるし,映画は日本語吹き替えがある。

出発が深夜1時だったので,寝たり,映画を見たりしているうちにどんどん時間はすぎていく。

 

そして3月6日,午前6時。9か月ぶりに日本へともどってきた。

朝早くむかえに来てくれた両親と,車に乗って自宅へと帰る。

 

 

帰宅!

あれだけラッピングしても,ところどころが破れている。

これからは素直にラッピングしてもらおう。

 

 

ああ。

帰って来られる場所があるからこそ,旅ができるのだ。

 

 

久しぶり!ずっと会いたかったよ,ポンタくん!

 

 

 

世界科学習 第一部 完

 

 

 

 

 

 

 

ブログを読んでいただいているみなさん,いつもありがとうございます。

今回の記事で,旅日記は一区切りです。

 

今回帰国したことで,世界科学習を,全4部構成にすることに決めました。

 

第1部 北米大陸

第2部 南米大陸(よゆうがあれば南極大陸)

第3部 ユーラシア大陸

第4部 アフリカ大陸

(第5部 オーストラリア大陸)

 

3と4は入れ替わるかもしれないし,オーストラリアまでいく資金が稼げるかわかりませんが,とりあえず。

 

次の出発は5月下旬~6月上旬を予定しています。

それまでは,旅の間にできなかった,世界科学習というコンテンツの見直しをします。

今のところは,

・世界のことを楽しく学べる記事,動画

・海外旅行に役立つ情報

・子どもを惹きつける世界の話(教員向け)

を考えています。

これからも,これまでと同じペースで記事を書くので,引き続き応援よろしくお願いします。

Amazon

サトウにメッセージを送る