パナマ編 中米制覇パナマシティ4〜サトウの面白くもない日常〜

覚悟を決めて95km走った次の日。

 

 

 

 

 

昨日がんばったおかげで,30kmぐらい走ったらサンチアゴ着いてしまった。

 

久しぶりに立派な聖堂が出てきた。

この町,サンチアゴはパナマで2〜3番目に大きな町だろう。

 

 

町はずれには空港もあるし,何より,

 

アメリカでお世話になったデイリークイーンがある!

今日も倒れそうなほど暑いので,迷わず入った。

 

パナマシティに近づくにつれて,町の都会度が上がっている気がする。

 

 

ゲーム店を発見。

ポケモンはこれまでもあったけど,遊戯王も人気あるんだなあ。

 

 

古そうなクレーンゲームもある。取れる気がしない。

 

 

 

ホテルの近くには,自分の名前と同じ店が!

いつも自己紹介をするときは,「FUMI(フミ)」と名乗っている。

よく見ると害虫駆除の会社だ。がんばってほしい。

 

 

パナマはホテルが高い。

最低ラインが30ドルぐらい。

今日は35ドル。

 

夜は,近くでハンバーガーを食べた。おいしいそうに見えるけど,味は普通。

 

 

 

さて,ここからは町が多い。60kmずつ,余裕をもって走れそうだ。

 

 

もう山もない。あとは,暑さとの戦いだけだ。

 

 

 

サンチアゴからはなれても,こんな大きなショッピングモールがある。

奥のオレンジから手前のみどりまで,全部店,広すぎ。

 

 

 

 

 

なんだこれ。

よく見ると,農業の学校か何かのオブジェのようだ。かわいいね。

 

写真をとることで,暑さから気をそらして進む。60kmでもきついぜ。

 

 

 

 

アグアドゥルセの町に到着。

パナマの町のサインは全部こんな感じ。コスタリカのほうがよかったな。

 

 

 

 

 

さらに次の日。

 

 

ガスステーションがものすごくきれいになった。

中は,コンビニとレストランとビジターセンター。

 

 

 

タッチパネルでいろいろ調べられる。

こんなの,中米では初めてだ。こういうところ,USのにおいがする。

 

 

 

きれいな建物ばかりだなあ,と思うと,これまでの中米と同じように小さな集落も出てくる。

そして,どんな小さな村にも学校がある。

パナマの学校は,青と白と決まっているようだ。

これまでもたくさん見てきたけど,子どもがいるのは一度も見ていない。

みんな,いつ学校行ってるの?

 

 

 

そして今日も60km,アントンの町に到着。町に1つのホテルに入る。

夕方は近くの食堂へ。

イエイ!おいしそう!

 

中米の食堂といえば,このスタイル。

料理がたくさんある中から,好きなものを選んでお皿に盛り付けてもらう。

いつも米をたのむことが多いけど,今日はパスタととり肉にしようかな。

 

 

 

 

うまーーーーーい!

 

パナマの食堂にハズレなし!

 

 

ということで,特に目立ったこともない記事でした。

毎日毎日,こんなふうに進み続けているということです。

 

夜,次のホテルを調べていると・・・

 

 

え,14ドル!?しかもエアコン付き!?

 

 

パナマ初,10ドル台に泊まれるか,続きは次回!

 

 

 

Amazon

サトウにメッセージを送る