コスタリカ編 中米先進サンホセ6〜到着,コカコーラ地区〜

プール付きホテルを出発して,サンホセまではあと67km。

30km,37kmで分けて行く予定だ。

今日もずっと山道を登る。

この辺りの道がほとんどぎざぎざになっているよね,山の証拠だ。

 

30kmを3時間以上かけて走り,昼過ぎには目的地についた。

 

なんて,書けば一行だけど,じっさいは途中で何度も休んだり,

「暑い・・暑い・・つかれた・・やめたい・・」

と,ゆうれいのようにつぶやいたりしながら走っている。

 

 

 

 

コスタリカの信号は,ぶら下がり式。

これ,強風で落ちないのかな,心配になるぐらいぶらぶらしている。

 

 

 

標高600m,トゥルカレスという小さな町。

ホテルは立派だ。

 

「部屋空いてる?」

「空いてないよ」

 

 

 

なん・・・だと・・・?

 

 

おいおい,休みの日でもないのにホテルがいっぱいになることなんてあるの?

 

「近くに別のホテルはある?」

「ここから11km行ったところにあるぞ」

 

 

おじさんは,進む方向とは全然ちがう方を指してそう言った。

「わかったよ,ありがとう」

 

 

長く走った後に自転車を降りた直後は,気持ちが動きやすい。

ホテルがいっぱいだっただけで,信じられないぐらいイラついてしまう。

そんなときは,

 

 

 

 

 

「ああああ!」

 

 

 

町中だろうと人が見ていようと,大声でさけぶようにしている。

そうすると,気持ちが一気に落ち着く。

この旅で身につけた,自分をコントロールする方法の一つだ。

 

 

 

グーグルマップによると,同じ町にもう一つホテルがある。

上にあるのがさっきのホテル。次は下の方だ。

 

2〜3km走って行ってみると,

 

砂利道の先に人の家があるだけだった。

 

ホテルなどどこにもない。

 

 

中米では,これが本当に多い。

地図でホテルのマークがついていても,泊まるところではない,というのが何度もあった。

 

 

泊まれないなら地図にのせるんじゃなあああい!!

 

 

 

 

仕方なく,ホテルを探しながら山道を登っていく。

地図にはベッドのマークがついているけど,どこもホテルではない。

 

 

 

 

 

結局,17時までかかって,wifiの使えないホテルに入ることができた。

標高は900m,30kmのつもりが50kmも走った。

 

 

 

次の日。

昨日がんばってしまったので,今日はたったの17kmでサンホセに着く。

 

17kmと言っても,200〜300mぐらい登るのでけっこう大変。

でも今日はすぐに走り終わるので,写真をとるよゆうがある。

こんな花,日本にはないよね。

 

 

車の通りが多い高速道路のはしっこを,歩くような速さで登り続ける。

 

 

あ,あれがサンホセだ,見えてきた!

気がつけば,暑さを感じなくなっていた。すずしくて気持ちいい!

 

 

少し道に迷って,ホテルに到着。

標高は1200m,いやあ,がんばった!

 

明日モンテベルデにバスで行きたいので,3日間自転車をあずかってほしいと伝えると,笑顔でOKしてくれた。

 

宿があるのは,いくつものバスターミナルが集中している

 

「コカコーラ」地区

 

なんでその名前にしちゃったんだよ,というような場所だ。

まあ,私は1日に1.5Lはおいしく飲んでてお世話になってるけど店・・・。

 

首都サンホセの中でもかなり治安が悪い場所らしい。

 

 

さて,まだ昼すぎなので,バスターミナルの下見に行こう。

モンテベルデ 行きの「710バスターミナル」へ歩いて向かった。

 

 

 

わずか500mだったけど,途中には道ばたで毛布にくるまって寝ている人がけっこういた。

ゴミもたくさん落ちている。なるほど,ふんいきが良くないな。

 

 

でもバスターミナル立派!!

 

ドーナツ屋

パン屋

ジュエリー屋

旅行グッズ屋

レストラン

スーパーまで入っている。

駅ビルと言った方がいいだろう。

 

 

明日のバスは,なんと6時30分!早っ!

 

ホテルに戻って,バックパックに荷物をまとめる。

モンテベルデには2泊して,現地ツアーに参加したり,チョウやカエルの博物館に行ったりして,コスタリカの自然をたっぷり味わうつもりだ。

 

 

さあ,今日は明日にそなえて早く寝よう。

 

 

 

 

 

 

次回

「雲霧森林モンテベルデ 」

日本では見られない生き物をたくさん紹介します!

 

Amazon

サトウにメッセージを送る