ニカラグア編 中米大湖グラナダ2〜コスタリカへの道〜

今回の記事はほとんど文字です!

理由は最後まで読めばわかるかと・・・。

 

 

 

 

グラナダを出発して,コスタリカへと向かう。

グラナダはちょっと見て回るにはいい。1日いれば十分だ。

 

 

進路は南東。

真向かいの風ではないけど,斜め前から強烈な風が吹いてくる。

Ipadの天気予報では,風速30〜40mだって,台風並みだ。

 

 

 

朝,グラナダ近くの路上。たくさんの屋台で果物や野菜を売っている。

 

 

 

あれ,桜!?

と思ってしまうような,うすいピンク色の花。近づいてみると桜とは全くちがう形をしていた。

 

 

 

 

 

 

80km近く走って,着いたのは  リバスの町。

これだけ走って体調は悪くない。もう大丈夫そうだ。

 

 

道の両脇には,hospetarujeの看板がたくさん。

日本語での意味は,「宿舎」

 

建物を見た感じ,きっと,安宿なんだろうな。

その中の1つに入ってみる。

 

「1泊いくら?」

「200コルドバだよ」

「え,200!?」

 

本当に安かった。

日本円にして700円ぐらい。この旅で一番かもしれない。

 

部屋はベッドだけが入るぐらいの広さで,天井に扇風機がついている。

トイレは部屋の外に共同のものがある。

200コルドバなら十分だ。

 

 

宿が安い分,夜はいいものを食べようと,レストランでビールと肉を頼む。

 

 

・・・ビールは冷たいけど,苦い。ダメだわ,しばらくビール飲まない。

日本では普通に飲んでたんだけどなあ。

 

コーラにチェンジ。やっぱりこれだよね。

ステーキはこれまた普通。やっぱりニカラグアの食事に期待しちゃいけない。

 

 

 

 

帰りにクッキーを買って帰った。

このクッキーに苦しめられることになるとは思いもしなかった。

 

 

 

夜。

700円のホテルでもインターネットはしっかり使える。

外も涼しくなり,気持ちよく過ごしていると・・・。

 

 

 

床に,見つけたくないものを見つけてしまった。

 

 

 

 

 

 

言わなくてもわかるだろうけど,ゴキブリである。

 

 

 

まあ,700円だし,文句言えないよなあ。

ゴキブリよ,いるのはいいんだけど,俺に気づかれるなよ!!

部屋がせまいので,気持ち悪さが倍増だ。あー,イライラする。

 

 

もう見たくないので,そのまま無理矢理寝た。

でも,よく眠れるはずがない。

 

もう,安宿に泊まるのはやめる。

安全と快適はお金で買うものなのだ。

 

 

 

翌朝。

今日は,ついにコスタリカに入る。

ゴキブリは外に出て行ってくれたようだ,よかった。

 

 

トイレに行くと,前の人のものが流れずに残っていた。

トイレの水が流れなくなるのは,中米ではよくあるし,簡単に直せる。

でも,ここのトイレは暗いしせまいので直したくない。

 

 

 

あああああああ,もう本当に早く出て行きたい!!!

 

 

 

 

朝ごはんがわりに,昨日買ったクッキーを食べる。

それから少しして,出発の準備をしていると・・・あれ?

 

なんか,胸が痛い・・・!

 

胃のあたりがしめつけられるように痛い。

痛みは無視できないほどになり,その場から動けなくなった。

まだ治ってなかったのか!

初めて経験する痛みに,ううう,とうめくことしかできない。

 

15分たって,ようやく痛みが引いてきた。

何だったんだろう,大きな病気だったらどうしよう。

 

 

 

やっぱり,マナグアから帰っていればよかった。

もしガンとかだったら・・・。

帰国して,もう手遅れですとか言われたら・・・。

 

 

 

頭によぎる不安を必死にふりはらい,コスタリカへと走り始めた。

写真をとる余裕などあるはずもない。

 

 

 

この記事を書いている現在は,とても元気です。ご心配なく!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Amazon

サトウにメッセージを送る