ニカラグア編 静寂首都マナグア4〜やっぱりもう少し進みます〜

今日こそはレオンを出発する。

 

マナグアまであと90km。今はそんなに走れないので,50km進んだところのナガロテという町が目的地だ。

 

 

昨日は不覚にも,未舗装路に突っ込んでしまった。

中米では,大人しく大きな道を通ったほうが良さそうだ。急がば回れ。

 

 

ここからしばらくずっと,進む方角は東。

天気予報は,この先ずっと東からの強風。

 

なかなか進まないけど,クランクを回せば,少しずつ前に進んでいく。

今日は朝,ヨーグルトしか食べていないので気持ち悪さがない。それだけで安心。

 

 

走りながら風を感じていると,真東ではなく,少し北東から吹いているようだ。

ナガロテはレオンからまさに北東の方角。うんざりしながらも進むしかない。

途中にある小さなで買うコーラが唯一の救いだ。

 

 

向かい風の中を走り続け,ナガロテに到着。

ホテルが2〜3あるぐらいの,一番好きな大きさの町だ。

 

 

町の中心には,きれいな公園があった。

ニカラグアは,これまでの中米の国とは一味ちがう。

 

 

たくさんの子どもたちが楽しそうに遊んでいる。

世界中から危険だと言われている中米だけど,ほとんどの人はそれぞれの平和な日常を過ごしていた。

 

 

 

翌日。

今日はいよいよ,目指していたマナグアに入れる。

ここ数日はマナグアから帰る気満々だったけど,体調がよくなり始めたので,もう少し先まで行こうと思う。

 

とりあえず,中米最後の国,

 

パナマまでは自転車で行きます。

 

 

出発してすぐのレストランで朝ごはん。

トルティーヤの上にうすいチーズと玉ねぎがのっている。

名前は忘れたけど,食堂のかんばんに必ず書いてあるので,ニカラグアではよく食べられているのだろう。

 

味は・・・がんばってもおいしいとは言えない。

ニカラグアに入ってから,というか中米に入ってから,食事は空振りが多い。

 

 

 

 

 

マナグアまでは,これまでよりアップダウンがある道を走る。

 

ニカラグア,とても道がきれい!

 

USレベルの道路のきれいさ。路肩もあって,安心して走れる。

 

 

 

左手には,マナグア湖が広がっている。湖の中心には火山がある。

 

上の写真の山は,黄色丸のところ。

 

このマナグア湖は,ニカラグアにある2つの大きな湖の小さい方。

マナグアを過ぎると,ニカラグア湖が見えてくる。

ニカラグア湖は世界で10番目に大きい湖のようだ。

 

 

 

 

 

 

さらにマナグアに近づくと,巨大な高速道路のジャンクションが現れた。

この道はマナグアに続いているけど,新しすぎてグーグルマップにのっていない。

道路は今も建設中だった。これからどんどん発展していきそうだ。

 

 

そしていよいよマナグア市街。

 

 

・・・

 

 

・・・

 

 

・・・静かだ。

 

 

店はたくさんあって,道も広い。車もたくさん走っている。

中心には高いビルがあり,マックやケンタッキーなどのファストフード店や,大きなショッピングモールもいくつかある。

 

でも,見渡してみると,歩いている人がほとんどいない。

首都なのに人の声が聞こえない。

これが今回のタイトル「静寂首都」の理由だ。

 

 

目を付けておいたホテルに無事チェックイン。

せっかくの首都で観光したいところだけど,体を休めたいので夕方まで寝て,夜は近くのレストランへ。

 

グーグルマップで調べた周囲のレストランは,どこもつぶれていた。

仕方なく,カジノの中のレストランで高いハンバーガーを食べる。

 

 

マナグアは,1972年に大きな地震があって,街を直すのにかなり時間がかかったみたいだけど,もしかして今も,完全には直っていないのかな。

 

 

予想外にも静かな夜を過ごしたマナグア。

この国のどこが危険なのだろう。住まないとわからないのかも。

 

 

さて,明日は,ニカラグアの中でも一番の観光都市,グラナダへ向かおう。

国一番のコロニアルの建物や,ニカラグア湖を見られるのが楽しみだ。

体調も95パーセント回復。とりあえず,パナマまではがんばります!

 

 

 

 

 

 

 

Amazon

サトウにメッセージを送る