ニカラグア編 静寂首都マナグア3〜長い逆風の始まり〜

今日の目的地は,ニカラグアの中の数少ない大きな町,レオン。

 

40km進めばいいので,昨日よりは気が楽だ。

道のりは短いけど,昨日と同じ風が吹くなら,今日は向かい風になる。

気持ち悪くならなければいいけど・・・。

 

 

 

チナンデガのホテルには,朝食がついていた。

いくつかの中から選べるようで,パンケーキにした。

 

出てきたのは,パンケーキ2枚とバター,シロップ。後からオレンジジュース。

オレンジジュースは,相変わらず果汁が少しも入っていない,オレンジ色の甘ったるい水だった。

ああ,100%ジュースが飲みたい!!

結局,ジュースは一口,パンケーキ2枚をそのまま食べて出発。

 

 

 

 

チナンデガ の朝は,活気に満ちていた。

道路の半分を屋台が埋め尽くしていて,渋滞になっている。

売っているものは様々。

野菜はもちろん,服,靴,おもちゃ,文房具,DVD,何でもありそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

それが間違いだった。

 

 

出発してしばらくすると,昨日と同じ,走れないほどの気持ち悪くなってきた。

おまけに風速30mの向かい風。台風並みだ。

道は平坦なのに,5km進んでは15分休むのをくりかえす。

 

 

「ふざけんな,いつ治るんだよ!」

 

 

日々の苦しさと,これまで積み上げてきた筋力,体力が落ちてしまったことで,いらだちはピークに達していた。

それでも暴れたり,大声を出したりする力はない。

できたのは,拳で地面を何度も,何度もたたくことだけだった。

 

 

朝の気持ち悪さは午後近くに消えた。

レオンに着いたのは,午後3時。なんと出発から5時間もたっていた。

40kmに5時間。平均時速8km。走った方が早いぐらいだ。

 

 

道沿いのホテルは安くてエアコンも付いていた。

いや,もう値段などどうでもいい。もうすぐ帰国するんだ。

 

 

夜は近くの小さな食堂で。あまり食べたくないけど食べないと動けない。

ハンバーグに似た物を,少しずつかじる。

 

 

 

 

 

 

 

翌朝。

もう一日休んでいたいけど,早く空港に行きたい気持ちが強く,出発。

 

まずはスーパーでりんごとバナナ,飲むヨーグルト。

もうお腹にやさしいものしか食べない。

 

 

このPaliというスーパーは安くて,どこにでもあって助かる。

 

 

さて,レオンからマナグアに行くとしたら,どの道を選びますか?

 

 

 

 

ここ行った方が近いよね!

 

 

 

 

 

 

6km進んだところでじゃり道になった。

6kmも来たから,仕方なく進んでみると,ただのじゃり道ではなくて,砂が多い道になってきた。

自転車は,砂の上ではタイヤがしずんで走れない。

 

 

せっかく6kmもきたのに,引き返す。

もう今日はレオンにもう一泊だ。

 

 

まだ午前11時だけど,昨日とは別のホテルに入る。

昨日とちがって気持ち悪さはないので,せっかくだからレオンの中心に行ってみよう。

 

 

 

 

遠くから見えていた,レオン大聖堂。

真っ白な建物が,空の青によく映える。

 

 

聖堂前の公園も,メキシコと同じぐらいおしゃれ。

ここだけニカラグアじゃないみたいだ。

 

 

 

 

大聖堂は,コロニアルの建物に囲まれていた。

やっぱりここもスペインに支配されていたんだなあ。

 

うーん,でも,ここだけで観光地と呼べるのかな?

メキシコだったらこれぐらいの町はそこら中にあるぞ。

 

それでも,スチトト以来の観光は楽しかった。

ホテルに戻ってからは,ベッドの上で寝て過ごした。

 

夜は,レストランバーで肉を食べる。

 

 

ここの肉が,ニカラグアで一番まともだった。

ステーキ2枚,全部同じ味で最後はきつかったけど,完食。

うん,少しずつ体は良くなっている。

 

 

 

 

さあ,明日こそはレオンを出発するぞ。

 

 

Amazon

サトウにメッセージを送る