エルサルバドル編 坂道天国エルサルバドル2〜最後の晩餐〜

サンミゲルを出発。

 

この街はエルサルバドルの中でも大きく,ファストフード店もある。

 

エルサルバドルでは初のバーガーキングで朝ごはん。

 

入店。ああ,またやってしまった。朝メニューしか無い。

マックでもそうだけど,どうにも朝メニューに魅力を感じない。

しかもここはドリンクが飲み放題じゃない。

 

高いだけのセットを食べ,さっさと目的地,サンタロサデリマに行くことにする。

今日が,坂の国エルサルバドルで過ごす最後の日になる。

 

 

距離は45km。坂も昨日ほどではない。

しかしそれでも,平地が全然ない。

 

「登りがあっても下りがあるならいいじゃん」

 

と思うかもしれないけど,よく考えてみてほしい。

 

登りと下りが同じ距離なら,走っている時間は登りのほうが長いのだ。

 

例えば1kmの登りがあったら,だいたい7〜8分かかるけど,

1kmの下りは1〜2分で終わる。

だから,山道では1日ずっと登っている感覚だ。

 

 

それでも,山のある雄大な景色をずっと楽しめる。

 

 

ひたすら登り,ちょっと下る,を繰り返す。

何度でも,道が続くかぎり繰り返す。

 

 

 

 

 

 

 

小さな村にあるふつうの家は,こんな感じだ。

これよりもっと小さくて,木を組んで上にビニールをかけてあるだけの家もある。

 

本当に周囲に何もない村に住む人でよく見たお金のかせぎかたは,

・小さな商店を経営する

・ゴミとして落ちているペットボトルや缶を拾ってお金にかえる

・路上でフルーツや水を売る

 

メキシコからずっと,こういった人々を見てきた。

中には,小さな兄弟が水を売っているところもあった。

 

 

国によって,住んでいる場所によって,何が「当たり前」かはまったくちがう。

 

 

 

45kmを走りきり,サンタロサデリマに到着。

調べておいたホテルに向かう。

広い壁にはかっこいい絵が描かれていた。1泊2000円ぐらい。

 

 

エアコン付きで部屋がきれいなので満足

もちろんネットも使える。

 

さて,エルサルバドル最後の夕食はどこで食べようか。

調べてみると,中華の店があったので行ってみる。

 

 

今日は珍しく,というか初めて,レストランでサラダを注文した。

サラダって高いんだよね。それだけでメインと同じぐらいの値段だ。

 

メインはいつも通りチャーハン。写真とるのわすれたけど,おいしかった。

チャーハンは多くの国でハズレなし。

中華がまずかったのはメキシコだけだ。

 

 

明日は,次の国,ホンジュラスに入る。

ホンジュラスの北部,サンペドロスラは,世界で一番治安が悪いとかで有名だ。

走るのは,南部の150kmぐらいだけど,さてどうなるかな。

Amazon

サトウにメッセージを送る