エルサルバドル編 坂道天国エルサルバドル1〜永遠の課題〜

そう,題名のとおり,エルサルバドルは坂道ばかりの国だ。

 

グアテマラも,後半はずっと山ばかりだった。

中米を走った自転車乗りの中でも,きつい国としてグアテマラを挙げることが多い。

 

しかしエルサルバドルは,グアテマラがかわいく思えるぐらい本当に坂ばっかりだ。

 

そこで,この「坂道天国エルサルバドル」では,自分もいっしょに自転車で坂を登っているつもりで読んでいただきたい。

 

スチトトから,目指すは次の国ホンジュラス。最初だけ南に行ってハイウェイに合流して,そこからはひたすら東に向かう。

 

 

気づいたかな?

 

 

エルサルバドルの道,ガッタガタ!

 

 

道路の路面話じゃなくて,まあ路面もガッタガタなんだけど,どの道も細かくカーブしてるよね。

これは何を意味しているかって,そりゃ

 

 

坂ばっかりなんだよ!

 

 

走る前からわかってしまい,うんざりした気分のまま出発だ。

とりあえず,2日かけてサンミゲルという大きな町を目指そう。

 

 

 

地図によると,スチトトからハイウェイまでの町は,それほど曲がりくねっていない。

よかった,最初ぐらい楽に行かなきゃね。

 

 

 

 

あれ,あれ?体がどんどん熱くなっていくよ。

景色は山じゃないのに,登りが,登りが終わらない!

 

 

自転車にとって,登りは永遠の課題だ。

みんなも,登り坂はできれば無い方がいいよね。

 

 

ふだん,どんなふうに登り坂を走っていますか?

多くの人は,

 

「力いっぱいこいで,一気に登る」

 

だと思います。

しかし,それは体力の効率が悪い!何よりつかれて楽しくない!

 

楽しく,楽にサイクリングをするなら,坂はゆっくりゆっくり登りましょう。

それを繰り返すと,坂がそれほど苦しくなくなってきます。

さらに,登れる自分がうれしくなります。

そして,坂が好きになったら,自転車を極めたようなものです。

 

 

 

ちなみにサトウは,もう少しで好きになれそうなところに,きつい坂ばかりがやってくるのでなかなか好きになれません!

 

 

結局,ハイウェイに出るまでに300m→700mまで駆け上がった。

こんなはずじゃなかったのに・・・。

 

 

 

 

ハイウェイに出てからは,車が一気にふえた。

それもそのはず,治安が悪いことで有名な首都のサンサルバドルから20kmしかはなれていない。

 

ハイウェイを東に進み,首都からどんどん離れていく。

 

 

 

 

 

ここで,みなさんも旅をしているつもりで考えてください。

 

スチトトを出発した今日,あなたなら,どの町で宿をとりますか?

 

 

 

 

 

はい,多くの人が,

「コフテペケ」

を選ぶと思います。私もそうでした。

スチトトからかなり登ってきているので,ちょうどいいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

しかしエルサルバドルは,そんな簡単な国ではなかったのです・・・

コフテペケがはるか上にある・・・。

こればっかりは地図ではわからない。

 

 

 

これだけきつい坂を登るぐらいなら,先に進んだほうがいい。

コフテペケをスルーすれば,もう200mも登らなくていいのだ。

目的地を変えて,10km先のサントドミンゴの町まで行った。

 

毎日必ず,目的地以外にも,1つ前の町,1つ先の町にホテルがあるかチェックしてから出発している。

サントドミンゴには1軒だけあった。小さな町なのに実にきれいなところだった。

 

 

 

翌日。

今日は90km走って,サンミゲルを目指す。

そんなに走りたくないけど,間にホテルが無い。

 

 

 

サントドミンゴを出てすぐ,登り。

坂道天国,一回登り始めるとなかなかなかなか終わらない。

 

 

道沿いには,いろんなものが売っている。

ここはお菓子屋さん。

 

 

中米らしい景色だ。

 

いやそれにしても,登りと下りの連続だ。平地がひとっつも無い。

最後は,800mまで登って,サンミゲルまで一気に下る。

 

 

エルサルバドルにもマックあるんだね!

町が近づいてきたぞ!

 

 

 

そしてやっと,サンミゲルに到着。

ホテルもきれいなのに安い。

 

 

夜は,近くの食堂でトルタスを食べる。

メキシコの倍ぐらい大きい。半分でギブアップ。もう半分はお持ち帰り。

 

 

さて,エルサルバドルも終わりが見えてきた。

今日はかなりがんばったから,明日は短くしておいて,明後日,ホンジュラス入りだな。

 

明日は楽だといいな!また坂ばっかりだろうけど。

 

 

 

Amazon

サトウにメッセージを送る