エルサルバドル編 藍染小村スチトト3〜自転車に厳しい村〜

今日は,スチトトという小さな観光地を目指す。

 

何やら,藍染で有名な村らしい。他にも滝があるのだとか。

 

出発。昨日とはうってかわって,道は平坦だった。

 

久しぶりの平らな道がうれしい。むしろ下りに感じる。

 

 

これまでもたくさん牛を見てきたけど,ここまで堂々と道路を歩いているのは初めてだな・・。

 

カナダのバッファローほどの迫力はないので普通に抜かせる。

 

 

 

 

「アリゾナだ!」

 

 

 

北米に来たことある人ならわかるはず。

アメリカ周辺で緑茶といえばこれ!アリゾナ。

さわやかな甘さと,750mlもあるのに1ドルいかない安さ!

メキシコではビールといっしょによく買っていた。

そんなアリゾナも,エルサルバドルでは230円もする。

 

 

 

 

橋の上より。

なんか,中米に来た!って感じがするなあ。

 

 

 

途中から,スチトトに行くために,大きな道路を外れる。

 

 

事前に調べておいた,スチトトの標高は360m。

スタート地点が200mぐらいだったので,160m登れば着けるはずだ。

昨日は200,200,400の合計800mも登ったので,それに比べれば楽勝だ。

 

 

 

 

 

 

そんな甘い考えはすぐに打ち砕かれる。

 

 

160mをこえてもまだまだまだまだ登りは続いた。

スチトトはもうすぐそこなのに,登り坂は終わらない。

今日は楽だと思っていたのに!!

 

 

スチトト直前,500mまで登ってから一気に下り,村の入り口に着いた。

 

 

しかし苦難はまだ終わらない。

 

村の中は道路ではなかった。ごろごろした大きな石がしきつめられた道。

 

メキシコのグアナファトにもあった,決して自転車には乗れない地獄の道だ。

あと,日本で東海道を走ったときに通った「金谷坂」もこんな感じだった。

 

仕方がないので押して歩くけど,石のせいでなかなか進めない。

なんて自転車に優しくない道なんだ。

 

 

ガタガタガタガタ町を歩き回り,ようやく目指していたホテル,ブランカルナに到着。

1泊8ドルで,村の中心まで歩いて一分。

ただし蚊が多い。

 

 

とりあえず荷物を置いて,中央の広場に行ってみる。

 

 

おおっ,聖堂だ。久しぶりに見た,メキシコ以来かな。

 

 

 

広場には,バックパッカーらしき人がちらほらいた。やっぱり観光地なんだな。

 

うーん,藍染の店と滝には行きたいけど,坂のせいで着くのがおそくなってしまった。

3日間寝込んで,再出発してから2日しか走ってないけど・・・いいや,1泊8ドルだし2泊しよう。

 

 

 

 

夜はいい感じのバーでサンドイッチ。

それにしても最近,ビールがおいしくない。炭酸水でいいよもう。

 

 

 

明日は,滝を見に行くぞ!

 

 

 

Amazon

サトウにメッセージを送る