エルサルバドル編 藍染小村スチトト2〜40kmが終わらない!〜

エルサルバドルに入って4日目の朝。

体はまだ本調子じゃない。もう1日休んでもいいぐらいだ。

でも,いくら山道とは言え,40kmならいけるだろうと思い,荷物をまとめて出発。

 

 

今日の目的地は,ヌエバ・コンセプシオン。

あらためてこの道を見てみると,何でこのルートを選んだのかというぐらい曲がりくねっている。

 

 

 

出発。気温は30度,快晴。

このあたりは,今の時期,ほとんど雨が降らない。

強い日差しは,スタート直後からどんどん体力をうばっていく。

 

 

 

 

すぐに登りに入った。カメがいるのかな。

ああ,丸2日,自転車どころかほとんど立ってすらいなかったから,登りがきつい。

グアテマラであれだけ楽しく登れていたのに,思うように脚が回らない。

 

 

 

 

 

それでも200m登ったら下りが待っていた。

 

 

 

 

気持ちよく下ったら,また登りだ。

 

ああ,暑い。やっぱりもう1泊すればよかった。

 

 

 

 

200m登って,200mの下り。

この山道に,店など1軒もない。

40kmで,店ぐらいあるだろうと思い,水を1Lしか持ってこなかった。

これ以上登りがあったら,ぎりぎり足りないかもしれない。

 

 

峠を2つこえて,もう終わりだろうと思っていたら,またまた登る登る。

 

 

日陰を見つけるたびに倒れこむように休まなければ登れない。

 

あー,こんなにきついのは久しぶりだ。

 

 

早く終われ早く終われ早く終われ!!

 

 

 

頂上近くで,ついに水が無くなった。

あと8kmぐらいだから大丈夫だと思うけど,これ以上登りがあったらもう走れない。

ヒッチハイクで助けてもらうことになってしまう。

 

 

 

 

 

運良く,残りはずっと下りで,最初に見つけたホテルに入った。

周りは何もないけど,レストラン付きなので安心だ。

 

エルサルバドルの食事も,グアテマラと似たような感じだ。

肉にサラダ,米,チーズ,それに分厚いトルティーヤがついてくる。

 

これを完食できるぐらいには,体は回復してきたみたいだ。

 

 

 

 

夜,ルートを調べていると,山の中で,ホテルが集中している町を見つけた。

その名は「スチトト」

変な名前の町だけど,どうやらエルサルバドルの中でも観光地らしい。

よし,行ってみるか!

 

 

 

 

 

Amazon

サトウにメッセージを送る