グアテマラ編 軽快登坂グアテマラ3〜グアテマラでハワイ〜

サンフェリペ城に行ってからの出発。意外とアップダウンがあって汗だくだ。

朝にシャワーを浴びたのはこの旅で初めてかもしれない。

 

さて,今日は30km,70km地点にホテルがある。

いくら朝走っているとはいえ30kmは短すぎるかな。

坂の多さで決めようと思いながら出発。

 

 

 

 

ああ,今日も登ったり下ったり坂だらけだ。

でも,登れる!

 

その昔,公文式に入るとき,「算数は好き?」と聞かれて,当時小2のサトウはこう言った。

 

 

「嫌いだけどできる」

 

その発言に母と公文の先生は笑っていたが,今はそのときと全く同じ気持ちだ。

 

「坂は好き?」

 

「嫌いだけど登れる」

 

 

不思議だね,できるなら,登れるなら楽しいだろうに。

でも,坂を好きって言いたくないのだよ!

 

ちなみに公文式には長いことお世話になり,大学4年間は同じところでバイトをした。

 

 

しかし暑い。オレンジジュース屋を発見したので小休止。

メキシコを出て以来,おいしいジュースを飲んでいなかったので,10ケツァールとちょっと高いけど買う。

 

 

その場で絞っているから保存料ゼロ,100%オレンジだ。うまい!いくらでも飲める。

 

 

 

 

 

30km地点。昨日100km走ったから今日は・・・と考えているうちに,町への分かれ道を通り過ぎてしまった。

 

ああ,もう,あと40km行ったれ!

 

 

その40kmも登って下って,距離がへらないことへらないこと。

 

 

 

道端にバナナも生えている。逆さまに実ができるんだね!

 

 

 

 

やっとの思いでロス・アマテスの町に到着。

ホテルはちょいと高かったけど,がんばったからよし!

 

 

次の日。

昨日,おとといとがんばったので,グアテマラを出るまでは短く楽しく行くことにする。

 

年賀状用の写真を撮るぐらい坂が楽しいし,余裕がある。

 

 

 

 

 

途中で声をかけられた家族のお父さんと。飲み物とクッキーをもらった。

クッキー,メキシコより高いのでありがたい!毎日食べるから助かる。

 

 

 

40〜50kmぐらい走って,リオ・オンドの街に到着。

1軒目のホテルはwifiが使えないと言うのでお断り。少しもどったところにもホテルがあったので行ってみる。

 

その名も「ホテル・ハワイ」

 

ねだんを聞くと,なんとグアテマラ最安の45ケツァール!700円ぐらいだ。

Wifiが使えるし,もうここしかない!

 

ちなみに部屋は,

 

 

こんな感じ。奥にはトイレ,シャワーがしっかりある。安いよね。

ホテルのお母さんは,英語が話せてスムーズにコミュニケーションがとれた。

 

この街に泊まる人はあまりいないだろうけど,もし行ったら絶対おすすめ!

 

 

 

夜は近くの食堂で肉を食べた。これだけ牛肉があれば大満足だ。

小さな町だけど食堂はたくさんあった。

 

 

 

 

翌朝。出発しようとすると,高校生ぐらいの男の子が話しかけてきた。

ホテルのお母さんの子どもだろうか。

 

「もう,出発しますか?」

 

日本語だよ!

 

何で話せるのか聞いてみると,アニメを見て日本語を知りたくなって勉強しているらしい。

それにしてもかなり話せる,すごいな。

 

「好きなアニメは何ですか?」と聞くと,

「地獄少女」と返ってきた。

 

うんうん,もちろん見たよ!閻魔あいちゃん可愛いよね!

 

日本の車は世界のどこでも走っているし,アニメも同じように世界中の人が見ている。

それを思うたびに,日本人として誇らしい気持ちになる。

悪いところも,もちろんたくさんあるけど,日本は色んな意味で特別な国だ。

 

 

 

この,ベンジャミン君は,日本語の他に中国語も勉強しているようだ。

自分もスペイン語ちょっとは勉強しようかな・・・。

 

 

Amazon

サトウにメッセージを送る