グアテマラ編 軽快登坂グアテマラ1〜異国の年越し〜

この記事を書いている現在,もうエルサルバドルに入っていますが,体から「休みなさい!」と言われてしまいました。

今回も熱とお腹です。完治するまではブログの更新が遅れます。

 

 

このタイトルをグアテマラにしましたが,首都グアテマラシティには行きません。

 

東に戻ることになってしまうので・・自分の中で自転車旅最大のストレスは,来た道を戻ることなのです。

 

 

あと,これといって目玉となる街がないし,それほど長くグアテマラにはいないので,まとめてグアテマラにしました。

 

 

この記事ではポプトゥンという大きめの町まで行く。

 

フローレスから2日でポプトゥンまで行ける。

ポプトゥンに着くのは12月31日,年越しをすることになるだろう。

 

 

 

こんな感じのジャングルの中の坂を登ったり下ったり。

 

グアテマラは坂がきついと,先人のブログを読んで知っていたのだけど・・・

 

 

あれ,つらい坂は今日じゃないのかな?

そこそこのアップダウンで,とても楽しかった。

やっぱり自転車は,平坦続きより登った方が楽しい。

 

この日はエル・チャルのという小さな町でストップ。

 

地図にホテルは無かったけど,行ってみればやっぱりある。

メキシコからだけど,ほんの小さな町や村にもホテルはある。

さらにwifiもばっちり。日本もホテルぐらいはwifi完備になったのかな?

 

 

 

 

 

 

次の日。今日はポプトゥンまで行く。

 

 

今日も退屈しない程度の,気持ちいいアップダウンだ。

 

しばらくそんな道を走っていると,あることに気付き始めた。

 

 

「なんか,坂,大したことないな・・・」

 

坂はある。次々と出てくる。

坂を目の前にすると「うわ,きつそう・・」と思うけど,登っていても息が全くきれない。

 

 

これはもしかして,身体がまた進化したのか!?

 

 

出発して半年,もうこれ以上成長できないかなと思っていたけど,自分の天井はまだまだのようだ。

自分の成長を実感できる瞬間は,いくつになってもうれしい。

 

 

 

 

 

最近では一番長い距離,70kmを走ってポプトゥンに到着。

空港がある町だけど,メイン道路以外は砂利道だ。

このホテルも砂利道を走ってようやく見つけた。安いけど部屋は広くてwifiが速い。

 

 

 

 

レストランは少なかった。というか,大晦日だから開いていないだけかも。

夜は,ようやく見つけた中華レストランでチャーハンを頼んだ。量が多くておいしい。

 

 

深夜。眠れない。

 

 

 

ドカン!

 

グアテマラでは,新年のお祝いで爆竹を鳴らしまくるようだ。

日本の駄菓子屋で売っているようなかわいいやつもあるけど,ホテルの部屋がふるえるような大きな音も聞こえてくる。

 

 

様子を見てやろうと外に出ると,花火が上がっていた。

 

 

 

 

 

こんなところで花火が見られるとは思わなかった。

世界のどこでも新年はめでたいんだな。

自分は,日本の年末の雰囲気が大好きだ。グアテマラ迎える新年は,情緒も何もあったもんじゃない。忘年会もないし,平日となんら変わりない。

 

 

来年の正月は,日本で迎えられるだろうか。

それともまだ南米を走っているだろうか。

どちらにしろ,生きてさえいればいい。

 

 

実感は無いけど,とりあえず,激動の2018年が,終わった。

 

 

 

 

 

 

 

Amazon

サトウにメッセージを送る