小国通過ベリーズ3〜天気予報は信じよう〜

この記事を書いているとき,日本は大晦日の朝か。

 

今年最後なのに,大して写真もなく,面白くない記事になってしまうのが残念だ。

 

 

朝。目をさますと,天気予報通り,雨が降っていた。

フロントで

「12時になっても止まなかったらもう一泊するよ」

 

と言うと,だんなさんが,

 

「大丈夫,すぐ止むさ」と言ってくれた。

 

 

 

その言葉通り,10時には雨が上がった。

空は曇っていたけど,何とか出発できるだろう。

気持ちはもう一泊だったけど,急いで荷物をまとめてホテルを出た。

 

 

奥さんには,

「Really? It’s terrible weather(本気?天気ヤバいわよ)」

と言われたけど,大したことないだろう。

 

 

 

 

今日の目的地は,ベリーズ首都,ベルモパン。

80kmの道のりだ。

 

 

雨は降ったり止んだり。降っているときもあまり強くないから問題なく進めた。

 

 

 

 

・・・半分までは。

 

 

 

40km進み,午後になってくると,雨の降っている時間が長くなってきた。

さらに,「やっぱりもう一泊すればよかった」と思うぐらいに,雨が強くなってきた。

 

 

どこか屋根のあるところに・・・と思ったときには土砂降りになっていた。

 

 

うおおおおおお!!

 

 

ずぶ濡れになってTシャツが体にはりつく。ズボンが水をすいすぎて重い。

雨具を着ようにも,この雨の中止まりたくない。

でも,周りは草ばっかりで何もない!!

 

 

 

ああ,これだけ濡れたのはいつ以来だろう,思い出せないな。初めてかもしれない。

 

 

なかなか雨が止まない。服は,もうこれ以上水を吸えないところまで濡れている。

探し始めて30分,ようやく屋根つきのバス停を見つけて避難した。

 

 

服をぬいでしぼると,学校のぞうきんのように水が出てくる。

しばらく待つが,なかなか雨は弱くならない。

 

 

 

まだあと30kmも残っている。

さらにベリーズは,kmではなく,USと同じようにマイルで距離が書いてある。

マイルって,長く感じるんだよね。

 

 

それからも最低の天気だった。

雨が弱くなるのを待って再スタート,するとすぐに土砂降り,また避難を繰り返す。

 

 

ああ,奥さん,あなたの言った通り,

 

Terrible weatherだったよ!

 

 

どの国にいても天気予報は正確だ。

次からはちゃんと信じよう。

 

 

 

そして,80kmに6時間以上かけて,ようやくベルモパンに到着。

 

音がしない・・・。

ここは,本当に首都かな?というぐらいの静けさだ。

車もそれほど走っていないし,外を歩いている人も少ない。

メキシコの州都の方がよっぽど都会だ。

 

 

ホテルも少なく,探す元気もないので,アメリカ並みに高いところに入る。

夕方になると,もう雨は降らなかった。

ああ,そういえば今日は12月24日,クリスマスイブだ。

食事をしようにも,ほとんどの店が閉まっていた。貼り紙には,

 

 

「24,25,26日はクリスマス休みです」

 

と書かれていた。どうやらクリスマスは特別らしい。

 

 

仕方なく,ホテルのレストランで食べる。思ったよりは安かった。

 

 

 

明日は午後から晴れるみたいだけど,クリスマス当日だ。

これまでの国は休みでもスーパーは必ず開いていたけれど,ベリーズはあやしい。

途中で休んでコーラが飲めなかったらどうしよう,困るなあ。

 

 

 

それにしても・・・

いつからだろう,クリスマスが特別な日から,ただの平日に変わったのは。

あれだけわくわくしていたのは覚えているのに,今ではもう何とも思わない。

せめてもの抵抗で,子どものころ,サンタにもらったプレゼントを1つ1つ思い出しながら眠りについた。

 

 

 

 

それではみなさん,よいお年を!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Amazon

サトウにメッセージを送る