メキシコ編 墨国終局チェトゥマル5〜メキシコ最後の日〜

バカラルをゆっくり10時に出発して,キンタナロー州の州都,チェトゥマルに向かう。

 

たったの40kmなので気が楽だ。

 

 

 

 

2時間半ぐらいで着いてしまった。

町に入るが,これまで見てきた州都の中では一番観光に力を入れていない。

人が暮らすための町といった感じだ。

 

 

 

今さらだけど,メキシコにも100均のような店があった。

 

 

まずは宿だ。

調べたところ,ホステルが3軒あるみたいだ。

 

 

1軒目,ドミトリーがいっぱい。

2軒目,ドミトリーがいっぱい。

 

シングルルームなら空いているけど,あまりに高い。

さらに街中は信号と一方通行が多く,移動が大変。

だんだんイライラしてきた。

 

 

3軒目は,受付が2階で,自転車を上げなければならなかった。

できれば泊まりたくなかったけど,仕方なく行くと,オーナーは英語が話せるとてもいい感じの人だった。

ドミトリーも自分だけ。200ペソ,はい決まり。イライラも解消!

 

自転車と荷物は,半分以上オーナーが運んでくれた。ありがてえ。

 

 

 

 

 

 

この町ですることは1つ。

スペアのチェーン,ブレーキシュー,ワイヤーを手に入れること。

中米に向けて,消耗品の予備は持っていたい。

今日買えなければ,明日も探すことになる。

 

気合を入れてグーグルマップで調べ,一番近い自転車屋に行った。

 

 

 

あっさり全部そろった。

 

 

 

基本的なものなら,町で乗るための自転車しかないような店でもあるんだな。

もしかしたら,この先も大きめの町なら手に入るかもしれないな。

 

 

こんなメキシコの田舎にもシマノのチェーンがあるって,すごいよね。

日本で作ったものが,世界中の自転車屋にあるんだ。

シマノは,釣り具や,自転車の部品で世界的に有名な会社。

日本で自転車を買ったら,どこかしらに必ずシマノの部品がついている。

自分の自転車がある人は見てみてね。

 

 

 

 

 

 

 

ホステルにもどって,余った時間はテレビ部屋でだらだらごろごろして過ごした。

観光?

そんなことよりお菓子食べてジュース飲んでネットしてる方が楽しい。

 

 

この三色のクッション?は,ビーズが入っていて生地が厚い。

少し前に流行った,人をダメにするクッションの厚くて大きいバージョンだ。

どんな体勢でもカバーしてくれる優れものだった。ここで一晩寝てもいいぐらい。

 

 

夜。メキシコ最後なので,安くないレストランに行こう。

 

 

 

シーフードいろいろにホワイトソースがかかったやつ!

 

本当にうまい。量も多くて最高だ。

 

 

 

 

切ってみると,魚の中からエビ,イカ,タコがたくさん出てくる。

 

味は本当にうまい。でも,ホワイトソースがだんだん重くなってくる。

 

 

げふ。最後は苦しくなって,もう無理というギリギリのところで完食。

素直に肉にしておけばよかったかも。

これにビールをつけて1000円ちょいだから,やっぱり安い。

 

 

 

 

こうして,メキシコ最後の1日が終わった。

メキシコ長かったなあ,3ヶ月近くもかかっちゃったよ。

 

 

明日はいよいよ4カ国目,小国ベリーズに入る。

 

 

次回からは,

「小国通過ベリーズ」

 

でお届けします。

 

 

みなさん思うでしょう,こんなところに国あったの!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Amazon

サトウにメッセージを送る