メキシコ編 遺跡接続メリダ1〜小さな町をいくつも越えて〜

カンペチェからメリダは170kmぐらいあるので,2日に分けて行く。

 

今日はちょうど中間あたりの,カルキニという町まで行く。

 

 

ここ最近は,ずっと北風が吹いている。

この2日間は,向かい風の中のライドになりそうだ。はあ。

 

 

 

 

 

しばらく走っていると,

 

 

 

え,日本昔ばなし!?

 

というような建物が目立つようになってきた。

多分,マヤ文明の伝統的な家なのだろう。

 

驚いたことに,人が住んでいる。

中からおじいさんとおばあさんが出てきそうだ。

 

 

 

 

 

今日は小さな町をいくつも通り過ぎた。

どこも小さいけど,メキシコに初めて来た人なら1日は観光できそうな雰囲気。

 

ガイドブックに絶対のらないような町でこれだからね。

 

 

 

 

また町だ。

 

 

休憩していたら子どもの声が聞こえた。

 

町の小学校だった。体育の授業かな。先生がボールの投げ方を教えている様子だ。

近くに行って,外から見学する。

 

メキシコの学校は,小学校でも必ず制服だ。

お,若い先生もいるな。子どもがまとわりついている。どこも一緒だね。

 

うーん,なんだか,全体として何をしているのかよくわからない。授業中なのか休み時間なのかもわからない。

 

すると,一人の男の子がこちらに走ってきた。

何か話してくるがわからないので,

 

「自転車で世界を旅してるんだよ」

「日本から来たんだよ」

「ドラゴンボール知ってる?」

 

と,知っているわずかなスペイン語で自分のことを伝える。

男の子は何やら驚いた様子で,教室に戻り,10人ぐらいを引き連れて戻ってきた。

 

 

10人の子がいっせいに何かを聞いてくる。

だめだ,いくら聖徳太子でもスペイン語では聞き取れない。

とりあえず,なんとなく聞いて,グラシアス!アディオス!と言って,お互いに手を振った。

 

 

 

結局,何の時間だったんだろう?

 

スペイン語が話せるようになりたい,と強く思った。

思っただけ。

 

 

これまでカナダ,アメリカ,メキシコと子どもを見てきたけど,日本もふくめて子どもの雰囲気はどこもいっしょだね。

 

 

 

かなり時間を使ってしまったので急いでいると,雨がぱらつき始めた。

 

おっ,虹が出ているぞ!このまま晴れてくれ!

 

 

目的地,カルキニに到着。向かい風はそんなに強くなかったけど,まずまず疲れた。

 

 

 

ホテルに入ると,外はまた雨がふりだした。セーフ。

夜ごはんはどうしようかな,と地図で調べていると,この町にはあまりレストランが無い。

 

 

仕方なく,バーに入る。そんなに高くはないけど,いつもよりはかかってしまった。

でも,久しぶりに豚肉のかたまりを食べたな。うまいぜ。

 

バーの店員に,いつもの質問をされて答えていると,何かペンを持って書く動作をした。

 

何?

 

 

 

 

 

かべにサインして!ってことだった。もちろんOK。

 

自転車の絵,ささっとかけるようになってうれしい。

本当に,どこでちょっとしたイベントが発生するかわからんね。

 

 

さて,今日はけっこう走ったから,明日は余裕でメリダに着けるだろう。

大都会,信号少ないといいけど,無理だろうなあ・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Amazon

サトウにメッセージを送る