メキシコ編 墨国首都メキシコシティ5〜楽しいぞ,日本人宿!〜

ソチミルコに行って,夜は志真夫妻と会った翌日。

 

今日は新しいタイヤを買う日だ。

 

しかし,自転車屋が開くまでまだ時間がある。

 

 

メキシコシティの図書館に行くことにした。

何やら,一生に一度は行きたい図書館ということで有名らしい。

 

 

これまでいろんな図書館に行ってきたけど,一番はぶっちぎりでシアトルの図書館だな。

さて,それを越えられるか!?

 

 

 

サンフェルナンド館からは自転車で3分。

 

 

 

 

 

まあ,外見は普通だけど・・・。

 

中に入ると,

 

 

 

うわあ!こいつはすげえ!

 

この本の並べ方,考えた人,変態だな!(ほめ言葉)

 

 

ネットの情報だとSFの世界にまよいこんだような・・とあったけど,実際に見てみるとそこまでの非現実感はない。画像で見たほうがSFチックになるね。

 

 

 

 

 

 

日本特集をやっているようで,日本語の様々な展示があった。

 

 

一番上から見たメキシコシティ。こんなに高いビルがたくさんあるのはメキシコでここだけだろうなあ。

 

 

 

 

 

外には散歩道と,本を読むスペースがある。見た目だけじゃなくて,図書館としての機能もしっかりしている。

 

 

うん,シアトルの図書館ほどではなかったけど,メキシコシティに来たら見るべき場所だ。

図書館だから入場無料だしね。

 

 

 

 

そして開店時間をすぎたので,自転車屋へ。

 

店員はみんな英語が話せた。パンクに強いタイヤがほしい,と言うと,WTBという聞きなれない会社のタイヤを出してくれた。

 

シクロクロスと言って,道路じゃない土の道を走る競技用のタイヤらしい。一本800ペソとかなり高い。

高いからにはいいものなんだろうが,触った感じはペラペラだ。本当にパンクに強いの?

 

念のため,wifiを借りて日本のアマゾンで調べたら,けっこう評価が高かったので,買うことにした。

さらにグローブ,パンク修理キットも一緒に買った。自転車関係は,お金を気にしていられない。

 

 

それからは,宿に戻ってタイヤ交換,整備。

分解して掃除なんてことをできる技術はないので,簡単に。

 

 

 

当たり前だけど,昼は宿に人がいない。旅行者はみんな観光に出ている。

昼間からだらだらして休んでいるのは自転車旅行者ぐらいだ。

 

 

 

夕方になると少しずつ人が戻ってくる。

その中に・・・

 

「スギさん!」

 

サンミゲルデアジェンデで会ったスギさんが,グアナファトの観光を終えて戻ってきた。

一度会った旅人にふたたび会うのは初めてだ。

 

 

夜は,これまで知り合った人たちに,メキシコシティに短期出張に来ているというオカダさんを交え,ビールを飲みながら旅について,仕事について,いろいろなことを話した。

 

 

 

 

これこれ,こういうのが日本人宿だよね!

 

 

 

まだまだメキシコシティの日々は続く。

明日はバスで,古代都市テオティワカンに行くよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Amazon

サトウにメッセージを送る