メキシコ編 迷宮彩都グアナファト3〜到着,坂と石畳と絶景〜

シラオの街からグアナファトまではたったの22km。

昼には着いて,午後から観光する予定だ。

 

ホテルを10時ぐらいにゆっくり出発する。

今日は距離は短いけど,かなり登るはずだ。

 

 

それでも10kmは平坦だった。後半の10kmで強烈な登りが連続する。

 

登ったと思ったらすごい下り。おっ,きれいな街並みが見えてきたかな?

 

 

と思ったらトンネル。けっこう長くて車が近くを通るのでこわいこわい。

 

トンネルを抜けると,また登りが始まった。さっき見えたのはグアナファトのはしっこで,旅行のパンフレットで見るような景色はもっと上にあるようだ。

 

絶景がすぐそこに近づいているから,どんな登りも楽しくこえることができる!

 

事前に調べていた安いホテルを目指して進んでいく。

しかし住宅街に迷い込み,自転車に乗れないようなでこぼこ登り道を,自転車を押して必死に登る。

 

うーん,地図ではここのはずなんだけど・・・どうにもホテルらしき建物が見つからない。

あきらめて,せっかく登ってきた道をもどることにした。

 

ホテルがたくさんある,セントロの近くを目指して,今度は急すぎてせますぎる下り坂の道を進む。

 

 

 

もともとブレーキがなかなかきかなくなっているのに加えてこの下り坂。

重い自転車が転がっていこうとするのを必死におさえながら,少しずつ下って行く。

 

写真は,左にある小さな店でコーラを買って休んでいるところ。

下り坂で休んだのは初めてだ。

 

 

 

下るのは大変だけど,ふと横を見ると,こんなせまい道がたくさんある。

早く荷物を置いて,探検してみたい!

 

 

そして,ようやくホテルを見つけて,苦労しながら自転車を運び入れる。

かなりお高めだったけど,世界的な観光地だから仕方ない。

 

 

荷物を置いて,さっそくセントロへ。

 

これまでの街とはふんいきのちがう道。

グアナファトは学校がたくさんある,学生がたくさんいてにぎやかだ。

 

 

 

 

一番目立つ聖堂。聖堂も一つや二つじゃない。

 

 

 

 

 

 

 

セントロのど真ん中にある劇場。

この他にも,すてきな建物がありすぎて目が回りそうだ。

 

 

 

 

 

建物の近くには,他の街と同じように広場がある。

しかし,グアナファトのセントロ広場はレベルがちがう。

木がこれでもかと言うほどたくさん植えられていて,どんなに日差しが強くても日陰になるようになっている。

 

 

でも一番見たい,高台から見る街並みは,どこで見られるの!?

観光案内所で聞いてもよくわからず,仕方なくホテルに戻って調べると,どうやらホテルから少し歩いたところにあるみたい!

 

 

 

 

地図をたよりに狭い道を登る,登る,登る!

 

 

登っている様子とピピラの丘からの景色は,動画でどうぞ!

 

 

 

 

 

この後,一度ホテルに戻り,暗くなってからもう一度登った。

 

 

 

 

 

 

 

 

うわあ,夜景もなかなかのもの。

カメラの設定で明るく写しているので,実際はもう少し暗いです。

 

 

 

 

ちょっと工夫するとこんな写真も撮れる。

夜景をとるいい練習になった。

 

 

最後に自撮り。自転車乗り&旅人らしくなってきたかな?

 

 

 

登るにはちょいと大変だけど,メキシコで一番見たかった,このピピラの丘からの景色は,いつまで見ていてもあきなかった。

 

 

 

メキシコに来るなら,絶対にグアナファトは行くべきです!

 

 

ここだけ見ればいいかな,とも思ったけど,明日もグアナファトを観光することにした。

 

 

 

次回は,世界でただ1つの

 

ミイラ博物館

 

の様子をお届けします!本物のミイラが見られますよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Amazon

サトウにメッセージを送る