メキシコ編 山岳真珠グアダラハラ2〜山の始まり,登れ800m!〜

きれいな広場のアカポネタを後にして,テピク まではあと140km。

 

調べてみると,本格的な登りは最後の60kmあたりから始まるらしい。

2日に分けて走ろう。

 

途中で休憩した町の入り口。この辺りの町は入り口に力を入れている。

 

 

この道路だけ見ると立派なんだけどね。

 

 

いつの間にか州が変わっていた。ナヤリト州に入った。

 

 

 

 

翌日。70km行けばテピクだ。

一度軽く下ってから,登りが始まった。

 

一気に400mまで登る。

全身から汗が吹き出てるこの感じ,久々だ。

苦しいけど,登れる。時計の高度計がどんどん上がっていくのが楽しい。

 

 

 

 

きついなあ,と思うときは,カナダのユーコン川で身につけたあの技を使う。

 

 

 

秘技・自然合一(しぜんごういつ)!

 

 

 

水に逆らわず,川の声を聞き,無心でパドルを回す。

 

これは,いろんなことに応用できると気づいたのだ。

 

坂では,無理に脚に力を入れず,坂が求める力を感じ,それとぴったり同じ力を出して登る。

 

 

かなり集中力が必要なので,使える時間には限りがある,という設定にしている。

必殺技っぽくてかっこいいよね。

 

 

 

 

 

何度か休憩しながら,ただ登り続ける。

登っている途中の休憩は,最高に気持ちがいい。

休憩がこんなに気持ちいいスポーツって他にないんじゃないかな。

 

 

しかし久しぶりの山だ,そろそろ脚もつかれてきた。

標高は600m,テピクまであと10kmもない。

つかれで集中できなくなり,自然合一も使えない。

本当に930mまで登るの?時計がずれてるのかな,と思っていたら・・・

 

 

残り5km,怒涛の登り坂。

 

 

1kmおきに休みながら必死に登る。

 

 

やっぱ山はきついわ!

 

 

 

 

そしてようやく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

930m,テピク 到着!

 

今日だけで800m以上登った。

アメリカのテハチャピ 峠に続く,歴代2位の記録だ。

 

 

コンビニに入り,1Lのパワーレードを買って一気飲み。

いくらでも飲めそうだ。

 

テピクには2泊するつもりだ。

とりあえず,大通り沿いのホテルに入る。まずまず安い。

 

 

さて,明日はテピクの中心を見に行こうかな。

ちなみに,街の中心のことを,英語ではダウンタウンだったけど,スペイン語ではセントロという。

 

 

次回,テピクのセントロで思いがけないことが!?

 

 

 

 

Amazon

サトウにメッセージを送る