メキシコ編 港湾海都マサトラン6〜やっぱり平地がいいです!?〜

1泊だけして,大都市クリアカンを出発。

マサトランまではおよそ230km。

 

 

いやあ,こんな高いビルがあるなんてさすがクリアカン・・よく見たら廃墟だ。

 

 

しかしやはり州都。スタバもあるし,マックやケンタッキー,バーガーキングにカールスジュニア,アメリカで見たファーストフード店はだいたいある。

 

 

今日は短く65km。エルドラドという町まで行く。

エルドラド,日本語にすると黄金の町。だからといって何があるわけでもない。

カナダにもゴールデンという町があって,日本にも金町っていう地名はあるよね。

入り口はシンプル。

 

町中を走っていると・・・

後ろからしかとれなかったけど,馬車だよ!

観光用じゃなくて,移動にために馬に引かせている・・初めて見た。

ちなみに日本の法律でも,馬は自転車と同じ軽車両。道路も走れる。

 

いつものように聖堂。

この日は340ペソのホテル。毎日このぐらいがいいな。

夜は近くの店で適当に鳥肉頼んだら,丸々1羽分だった。

大満足だけど多すぎ!

 

日本語では鳥肉,英語ではチキン,スペイン語では・・・「pollo(ポヨ)」と言う。

いつものように,残った分は明日の朝ごはん。

 

 

 

 

次の日。今日は80km走って,ラクルスの町まで行く。

途中,近道をしようとしたら舗装されていない土の道に迷い込んでしまった。

急がば回れだな。

 

 

この日から,少しアップダウンが出てきた。短い登りと下りの繰り返しはつかれる。

 

それでも80kmなので,嫌になる直前でラクルスに到着。

どの町でも,聖堂周りに広場はきれいで人が集まっている。

 

きれいな花屋!全部作り物だけどね。

死者の日が近いから,カボチャのかざりも売っているね。

 

この日は安いホテルは見つからなかった。

 

 

何やら,マサトランあたりに大きなハリケーンが近づいているらしい。

カテゴリー5。町が壊滅するレベルらしいけど,大丈夫だろうか。

 

 

 

 

さらに次の日。

残り100km,一気にマサトランに行ってしまおうかと思ったけど,途中のディマス という町にホテルがありそうなので,ゆっくり進むことにした。

 

 

40kmぐらいしか走らないので,ゆっくり11時に出発。

調べたら,ハリケーンはもう通過したらしい。ラクルスは何もなかったな。

 

 

 

3時間後には,ディマスの町に着いた。

 

 

しかし,地図ではそれなりの町に見えたけど,大通り以外は道路になっていない。

雰囲気からして,ここに住んでいる人のためだけの町だ。

ホテルを探しても,なかなか見つからない。暑くていらいらしてきた。

 

 

ああ,もういいよ,行ったらあ!

 

 

時刻は午後2時,マサトランまで残り60km。

6時には着けるだろう。まだ暗くならないはず。

 

 

しかし,そこからまた強烈なアップダウンが始まった。

標高10mと40mの間を行ったり来たり。下りもゆるやかだからスピードが出ない。

なかなかなかなか進まない!

 

 

 

もう平坦な道はいやだとか言ってごめんなさい!

やっぱり平坦でいいです!

ちょっと登ってちょっと下っては,山よりきついんです!

 

 

 

道路から見える景色。川に水が流れているのは久しぶりに見た。

写真をとりながらも苦しいサイクリングは続く。

 

 

マサトランに近づくほどアップダウンが細かく,きつくなる。

でも進み続けていればいつかは着くもので,6時前にはマサトランの北側,新市街に入ることができた。

 

ホテルはもうどこでもいい状態。

結局,この旅で一番高い1泊になってしまった。

アップダウンきつかったよ〜!って言ったらコーラ2本くれたから,良しとする。

 

 

 

 

いやあ,しかしやっと,やっとだよ。

 

マサトラン着いたよ!

 

何泊しようかなあ,久々にじっくり観光して楽しむぞ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Amazon

サトウにメッセージを送る