メキシコ編 港湾海都マサトラン3〜お腹がゴロゴロ,でも進む〜

お腹の調子が治らない。

シウダートオブレゴンにもう一泊しようと思ったけど,これまで体調不良の予兆があっても,自転車に乗ることで治してきた。

だから今回も,進むことにした。

 

まずは70km先のナボホアという大きめの街を目指す。

 

 

いつも飲んでいるビール,テカテ!ビール工場かな,大きな缶があってびっくり!

 

 

ザ・サボテンというようなサボテンがたくさん生えている。

よくこれを食べようと思うよね。あんまりおいしくないらしいけど。

 

 

そして,ナボホアに到着。

 

 

街の出口あたりのホテルに入り,いつものようにコンビニへビールとジュース,お菓子を買いに行く。

 

部屋に戻っておつかれ〜!と一人で言って飲むが・・・

 

あれ,おかしいな,始めの一口しか飲めない。

 

 

体がビールを受け付けない。こんなことは初めてだ。

お腹の調子を軽く考えていたけど,このことでけっこう長引きそうだと,危機感をもった。

すぐにベッドにもぐりこみ,だらだらとネットをして休むことにした。

 

 

次の日。

お腹がゴロゴロいっている。それでもまだ走れば治ると信じている。

 

大きな街,ロスモチスまではあと170kmある。1日では行かれないので,途中のエルカリソという町まで行く。

グーグルマップにホテルはない。でも,町の広さからして,地図にないホテルがあるはずだ。

 

 

 

しばらく走ると,州が変わった。

これまではソノラ州だったけど,シナロア州に入った。

少しずつだけど,たしかに進んでいる。

 

 

道はずっと平坦だった。今日の目的地,エルカリソに到着。

メキシコのコンビニはほとんどこの,「oxxo(オクソ)」

大きな街だと本当に100mおきぐらいにある。

 

店員さんにホテルはあるか聞くと,英語で場所を教えてくれた。

 

 

立派なところじゃないか!グーグルマップにのせるべきだよ。

いなかの町なので300ペソ,いいね。

部屋で蛇口をひねると水が出なかったけど,1時間ぐらい待てば出るそうだ。

 

 

1時間後。

水は出ない。

トイレ使えないよ。お腹痛いんですけど。

 

 

 

 

 

 

2時間後

まだ出ないんだけど。聞きに行くと,待つしかないみたいだ。

このあたりからイライラしてくる。

 

 

 

 

そして外は暗くなり・・・

 

 

 

まだ水使えないんですけど!

 

いくつかのスペイン語を調べて,宿の主人につめ寄る。

 

サトウ「まだ水出ないの?トイレどうすればいいの?」

主人「使っていいよ」

サトウ「流せないんじゃ使えないの!お腹痛いの!」

サトウ「ひどすぎるから安くしてよ」

 

何度言っても主人は肩をすくめるばかり。

 

サトウ「もういいよ!」

もうどうしようもないのだ。泊まるところはここしかないし。

部屋のドアを思い切り音を立てて閉めて,今日はトイレをがまんし続けることに決めた。

 

お腹はゴロゴロ言い続けているので,食欲はわかない。

 

 

きっと,ナボホアでもう何泊かして,しっかり治したほうがよかった。

今回は,自転車に乗っても治らない。

でも,明日はこの水の出ないホテルには,いたくない。

 

進むしかない。

 

 

 

次の日。

朝起きて蛇口をひねると

 

 

 

 

 

水が出た。

 

 

おそいんだよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Amazon

サトウにメッセージを送る