US編 玉石混淆ロサンゼルス3〜驚きのカニパーティ〜

ロサンゼルス4日目!

今日の夜はカニパーティ。

 

 

しかし!その前にやらなければならないことが1つある。

 

 

話は1週間以上前,セントラルバレーのセルマという町にさかのぼる。

その日も公園の目立たないところにテントを張っていた。

そして明け方,やつの攻撃を受けた。

スプリンクラーだ!

 

公園では場所によるけど,夜中の3時ぐらいに芝生のための水をまくスプリンクラーが作動する。

その水がテントにかかるとすごい音がして眼を覚ますんだけど,水がテントに入ってくることはない。

だけどテントを張った場所が悪かった。スプリンクラーでまいた水を排水口に流すためのみぞの上に張ってしまったのだ。

さすがのモンベルのテントにも,下から少しずつ水が入ってきた。

 

 

そして,2年前から愛用していたiPad mini4が水没した・・・。

 

 

ロサンゼルスに着いてから修理に出したけど,治せないほど水が入っていて,時間もたっているので買い替えたほうが早いと言われた。

 

保険にも入っているし,買い替えることにした。

 

志真さんに車でベストバイ,という電器店に連れて行ってもらい,即購入。

 

保険は日本に帰ってから申請しなきゃいけない。ちゃんとおりるといいけど。

 

 

 

昼はラーメンを作っていただきました!

スープまで完飲。

 

 

 

夕方,再びサッチャー夫妻の家へ。

 

 

そこで待っていたのは・・・

 

 

うおおおおお,カニだああああ!!

 

 

ブルークラブ。東海岸メリーランドの名物で,調味料のかかったカニを手でバリバリ解体しながら食べる。

胴体に身がたくさんつまっていて,ビールを飲むのも忘れて夢中で食べた。

最後に余ったものまでいただき,5匹を食べ尽くした。

カニだけで満腹になったのは,初めての自転車旅行で北海道に行ったとき以来だ。

あ〜,やっぱり1日伸ばしてよかった!

 

サッチャー夫妻には本当に色々とごちそうになり,感謝の気持ちでいっぱいだ。

今日も,心も体もいっぱいになって大満足。

 

 

 

翌朝。

結局4泊もお世話になってしまった。

いつもいつも,こういうときにお礼をしてもしきれない自分が歯がゆい。

「ありがとう」以上に感謝の気持ちを伝えられる言葉があればいいのに。

 

5日間,ご飯をごちそうになっただけでなく,ロサンゼルスのいいところ,危ないところの話をたくさん聞くことができた。

平和な街のすぐとなりで,銃の発砲事件が起きていたり,薬物中毒者がたくさんいたりと,怖い部分も多いようだ。

 

旅行は,その街のいいところを見に行くことが多い。

玉石混淆。大きな街は,いいもの悪いもの,きれいなもの汚いものが隣り合い,時には混ざり合ってできている。

両方見ないと,その街を知ったことにはならないんじゃないかな。

 

次は日本で会うことを約束して,ロサンゼルスの暑い日差しの中へと自転車をこぎだした。

 

 

 

いよいよメキシコだ。胸が高鳴る・・・と思ったら。

 

あれれ,アメリカの最後に最大の試練が待っていたよ!

 

 

 

次回

乾燥盆地インペリアルバレー」

最大の敵は坂じゃなかった,太陽だ!

 

 

 

※グランドキャニオン,行こうと思っていましたが,ツアーの値段が高めなので,今後の人生の楽しみにとっておくことにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Amazon

サトウにメッセージを送る