US編 玉石混淆ロサンゼルス2〜旅をつなげて,ゲティセンター〜

きれいなベッドで目覚める。

今日は,志真さんとファーマーズマーケットに行って,昼は志真さんの友達の家でランチをするという,これまでの生活とは一転した1日になる。

 

このトーランス市には日本人がたくさん住んでいるようだ。

 

朝食においしい手作りサンドイッチ(これが絶品!)を頂いて,近くの公園へ。

 

 

カナダ,USでは,小さな町でも大きな街でも,週に1度はファーマーズマーケットが開かれている。

農家の人による野菜・フルーツ直売プラス,食べ物の屋台という感じで,ちょっとしたお祭り感がある。

 

フルーツの前に箱が置いてある。

 

そう,試食し放題なのだ!

 

ぶどう,なし,オレンジ,プラム,りんご,もも,それぞれたくさんの種類があって,片っ端から食べまくった。

直売だけあって,新鮮でおいしい!

ちなみに一番おいしかったのは巨峰。あんなに甘いの食べたのは初めてだ。

 

 

そのまま自転車に乗って,タイヤとチェーン交換のために自転車屋へ。

同じタイヤ,シュワルベのマラソンは無かったけど,新しいタイヤの裏にパンク防止テープを貼ってもらうことでマラソンに近づけることにした。

自転車のチェーンは5000kmが交換の目安。とっくに超えていた。

 

 

昼になり,車で海が見える丘の住宅街へ。

志真さんの友人,サッチャー夫妻が温かく迎えてくれた。

ちらし寿司をごちそうになる。いくらを食べたのは日本以来だ・・!

ベランダからのながめ。いつかこんな暮らしをしてみたいもんだ。

 

帰って,志真さんに髪を切ってもらった。いつも家族の髪を切っているそうで,とてもいい感じに短くなった。髪が伸びているのも旅人らしいかな,なんて思っていたけど,短い方がさっぱりしていい。

 

 

 

 

次の日。

今日は一人で観光。ロサンゼルスで行きたかったのは一箇所だけだ。

 

ゲティセンター 

 

シアトルでお世話になった松原さんが設計に関わったという有名な美術館。

ポートランドで出会った建築士を目指す,小林さん,入部さんが感激したという建物。

 

そこに自分も行く。

自転車旅行は線の旅と言われるけど,

人のつながりから行き先を決めることも,別の意味での線の旅と言えるだろう。

 

 

志真さんに昼用のおにぎりを頂いて,40km先のゲティセンターへと,再び砂浜サイクリングロードを走る。

 

 

ゲティセンター は丘の上にあるので,駐車場からはモノレールが出ている。

モノレールも,ゲティセンターも入場料はタダ。

駐車場はお金かかるみたいだけど,自転車はもちろん無料。

 

モノレールから降りると・・・

 

まず感動したのがこの階段!

ふつうの階段だよ。でも,とっても上りやすい!

段の高さが人に優しいんだ。こういうのも考えて作られているのかな。

 

そしてメインのゲティセンター 。

ゲティさんというお金持ちが集めた,絵や写真の美術館だ。

建物自体も芸術品で,美しい白にため息がもれる。

 

 

中庭。何ヶ所かカフェがあって,こんなすてきな場所でコーヒーが飲める。

 

そして上の方まで行くと・・・

 

ロサンゼルスを一望できる。

どんな絵よりもこの景色が素晴らしい。

 

 

ちなみに,この美術館で一番有名な絵は,ゴッホの「アイリス」という作品だ。

 

 

これまで美術館って全然興味無かったけど,街の風景の絵をじっくり見るのは楽しかった。

「え,写真みたい,これどうやってかいたの?」

「ちょ,うますぎ!」

など,たくさんの驚きがあった。

 

最後に,遠くから見たゲティセンター 。かっこいいよね!

みなさんも,ロサンゼルスに行ったらぜひ行ってみてください。

 

 

帰りも砂浜サイクリングロードを走った。3回走っても全くあきない。

 

夜,今日も焼酎をいただき,天ぷらをごちそうになった。

明日出発しようと思っていたけど・・どうやら明日はサッチャーさんのお宅でカニパーティがあるそうだ。

 

悩んだ結果・・・

 

もう1日,お世話になります!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Amazon

サトウにメッセージを送る