US編 巨木群生レッドウッド〜国立公園のセコイア〜

キャンプ場を出発して少し進むと,カリフォルニア州に入った。

 

 

 

 

といっても,すぐに景色が変わるわけはなく,海岸沿いのきれいな道は続く。

変わったのは,消費税が8%ぐらいかかるようになったこと・・・高く感じるよ。

 

 

カリフォルニア州は,

 

こんな形!

住んでいる人は3500万人で全部の州の中で1位!

広さは3位!

カリフォルニア州だけで,日本より広いんだよ!

 

 

 

だから,USに住んでいる人に日本の大きさを説明するときは,

JAPAN is a little smaller than California.

日本はカリフォルニアよりちょっと小さいよ!と言えばわかってもらえるでしょう。

 

 

カリフォルニアに入って,オレゴンコーストに比べて坂道がふえてきた。300mも一気に登るのは久しぶりだ。

 

2日目に,こんな看板が姿を見せる。

 

レッドウッド国立・州立公園

 

 

国立公園だって!?

 

 

サトウはこれまで,いくつかの国立公園を走ってきた。

 

アラスカでは,デナリ国立公園

カナダでは,ジャスパー国立公園,バンフ国立公園,ヨホ国立公園

 

どこも,想像をはるかにこえる大自然を見て,感じることができた。

ちなみに日本の国立公園はこんな感じ。いっぱいあるね。

 

 

 

レッドウッド国立公園,完全にノーマークだった。

 

ここは森の中。一体何があるのだろう。

 

自転車はこっち,の案内にしたがって,ハイウェイとはちがう道を走る。

木が近い!森の中,すずしい!

カナダも森続きだったけど,木は道からはなれたところにあった。

今は,森の中を走っている,と実感できる。気持ちがいい。

 

しばらく行くと,車が何台かとまっていた。何かな,と思って近づいてみると・・・

 

 

うわ,何だこれ!?

 

木だった。とてつもなく太くて,背の高い木。

これこそが国立公園の名前にもなっている,レッドウッドだった。

見ですぐになっとくした。想像をこえる自然がある,ここは国立公園なのだ。

 

 

 

 

 

 

 

木だけの写真では伝わりにくいので・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

ほら,こんなに大きい!!

 

 

木の見て,いっしょにおどろいていたマダムと写真をとりあった。

 

 

 

 

このレッドウッド,正式な名前は,セコイアという名前で,1番高いものは,115m!

30階だてのマンションより高いってことだ!

これより大きな生物はほかにいない。世界で一番背の高い生き物だ!

 

 

山火事が多い中,じょうぶなセコイアだけが生き残って,この森ができたと考えられているよ。

 

学校に「メタセコイア」という名前のにている高い木があることが多いけど,このセコイアとは全く別の種類なんだって。

 

 

 

木に,触れてみた。

木の声が聞こえる,なんてことはないけれど,2000年以上生きてきた木を前に,自分の,人間の小ささを感じずにはいられない。

 

 

悩みとか,不安。

 

あいつは自分よりえらい,すぐれている。となりのやつより1歩でも前に行かなきゃ。

あんな人いなくなればいい。あの時ああしていれば。将来が見えない。

 

死にたくない,死にたい。

 

旅に出て,見たことのないような景色に出会ったり,セコイアのような巨大な木に触れたりすると,自分のかかえている問題が,どうでもいいようなものだと気づいたり,大きな問題の答えが見つかったりする。

 

人生,行きづまったと思ったら,旅に出るのをおすすめします。

 

アメリカは,飛行機ならのりかえなしで,8時間ぐらいで行けますよ。あっと言う間!

4〜5泊で,ちょっと忙しいかな,ぐらい。それでも十分楽しめると思います!

ピンポイントでここ行きたい!なら3泊でもいけるかも?

 

なんてことを,木に触りながら考えた。

 

 

他にも高い木がたくさんあった。

もっと見ていたくて,この日は森の中にある平原,エルクプレーリーのキャンプ場に泊まった。

 

これから,ほかの国立公園にも,チャンスがあればどんどん行きたい。

まずは,ここからサンフランシスコに行かなきゃな。

 

 

ポートランドからサンフランシスコまでの距離,あと半分だ。

待ってろよ!

 

 

ということで,巨木群生レッドウッドは今回だけでした。

 

次回からは,サンフランシスコまでの道のりを記事にします。

題名は・・・ううん,ぴったりくるのが思いつかない!次の記事までに考えます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山火事で中だけ焼けた木もあった。中はテントを張れそうなほど広い。

 

 

この日は,国立公園の森の中にある平原,エルククリークキャンプ場に入った。

キャンプ場の中にも大きな木がたくさんあって,見ているだけで楽しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Amazon

サトウにメッセージを送る