カナダ編 加国終局バンクーバー2〜癒しのカフェ・喫茶店〜

昨日泊まったキャッシュクリークは,青い道の,ちょうど南におれる場所。

今日から2日間は,ずっと南に走ることになる。

 

その道は,フレーザーキャニオンという大きな谷に沿って進む道だった。

 

山の間を川が流れる,まさに谷。ときどき登りが出てくるけど,川と一緒にどんどん標高を下げていく。

 

天気は見ての通り,曇りと霧。昨日よりはまだいいけど,晴れていたらきれいだったろうなあ。

 

 

40km走って,小さな村に着く。半分来たぞ,休憩じゃあ!

 

せっかく人の住んでいるところに来たんだ,ガスステーションではつまらない。

ティーハウスがありますよ,の看板を見つけた。

 

入ると,客はだれもおらず,とても静かだった。

自家製レモンティーとクッキーを一枚注文。

 

ああ,こういうビンの入れ物,ジャーに入れてもらえるとうれしい。

 

この店のお茶は,あんまり甘くなくておいしかった。

日本ではお茶と言えば甘くないのが普通だけど,他の国では最初から甘いことが多い。

後から見たらクッキーはたった1ドルだったのでもう少し食べておけばよかった。

 

こんな田舎でも当然WIFIが使えるので,1時間ぐらいネットをした。

落ち着いて休憩すると,心も体もリセットされる。店の人もすごくフレンドリー。

なので,最近はよくカフェや喫茶店に入る。

 

そういえばカナダで,感じの悪い店員に会ったことがない。

 

 

 

 

ちなみに,カフェと喫茶店のちがいを知っているかな?

日本では,

 

カフェ→お酒を出す

喫茶店→お酒を出さない

 

と,法律でしっかり分かれているんだ。でも,店の名前は関係ないので,法律上は喫茶店なのに,〇〇カフェっていう名前でもいいんだ。

 

 

 

 

 

80km走って,リットンという村に到着。ここもまた小さな村で,公園はあるにはあるけど,夜には門を閉めてしまうようだ。他に野宿できそうな場所はない・・・。

 

ビジターセンターで5時までブログの記事を書いたりして,退屈だし,いい場所がなさそうなので,思い切って進むことにした。

 

 

 

 

40km走れば次の町だか村だかまで行ける!

 

しかし,ここから急に登りがよく出てくるようになった。

 

なかなか終わらないなあ!と思っていたら,山の頂上だよ!なんて看板が出てきた。

 

谷走ってるのに山登らせないでよ!!

 

 

 

 

2時間と少しかけて,ボストンベイという町だか村だかに到着。ハイウェイ沿いに,歴史をしょうかいしている小さな芝生の場所があった。

 

そこには一台の自転車が。サイクリストだ!もしかしてここに泊まろうとしているのかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

仙人がいた。

名前はボブ。彼もバンクーバーを目指しているようだ。ここにテントを張るようだったので,自分も近くに張らせてもらうことにした。誰かがいると安心だ。

 

お互いの自転車の写真を撮り合った。

 

 

今日は120kmと少し走った。これで,明日は80kmで,これまでより大きめの町,ホープに着く。

 

ホープまで行けば,バンクーバーまで2日で行ける。広いカナダもあともう少し!!

 

 

 

 

 

 

Amazon

サトウにメッセージを送る