カナダ編 猛暑征西カムループス1〜峠越えたら高級温泉!?〜

tゴールゴールデンでの休日は記事にするまでもないのでとばします。

ぜいたくは,昼も夜も,スーパーで肉買って焼いたぐらいです。

あと,ビール500mlの缶が180円と日本より安かったので,2本飲んだぐらいかな。

 

 

さて,ここからはカナダでも有数の都市,バンクーバーを目指します。オリンピックがあったね。

 

その前に大きめの都市,カムループスがある。そこまではこの旅ではじめて,西に進むことになる。

 

地図で見ると,50〜100kmおきに町がある。食料や水が手に入らなくて困る,ということはなさそうだ。

 

およそ360km,4日で行こう。

 

 

誕生日をむかえた町,ゴールデンを出発。

 

今日は,グレイシア国立公園の峠をこえて,少しいったところのキャンプ場が目的地だ。

 

 

 

 

天気は晴れ。日差しがきつい。時計の温度計は34度にまで上がっている。

 

標高も,今は700mぐらいだけど,ここから1300mまで上げるようだ。

 

 

しばらくして,登りに入る。わかっていれば怖くない。ただただ登る。

 

 

この峠は,ロジャーズパスという名前らしい。

 

 

 

 

 

 

この旅はじめてのトンネルだ。これまでよりいっそう,北海道感が増す。

ただ,北海道のトンネルは登りじゃなかったけどね!!

 

とぎれとぎれに,登りのトンネルが続く。大きなトラックがすぐ横を通るけど,大きな車ほどいい追い風をくれるのでうれしい。

 

 

 

1000mまできたところで休けい。これまでは,登りが終わるまでは休んじゃいけないっていう謎ルールを自分の中で作ってしまったいたけれど,峠は,休むことでその後がずっと楽になる。

 

 

 

木陰で15分休んで出発。すると,これまでの登りがなかったかのように,すいすい登れる。

 

 

しばらく登り,2度目の休憩を取ろうとしたら・・・

 

 

 

 

 

 

あれ,頂上のビジターセンターに着いちゃった!!

なんだ,こんなもんか。

 

 

 

登り自体はそんなにきつくなかったけど,体からかなりの水分が抜けている。

ビジターセンターの中で水を補給すると,すぐに1L飲み干してしまった。

暑いと,ボトルの中の水がぬるくなるから,冷たい水がとても心地いい。

 

 

 

キャンプ場の場所をスタッフに確認すると,ここからすぐ近くのようだ。

もう少し行くと,温泉があるようだ。どうせ下り,そこまで行こう。

 

 

少し行くと,

おっ,1330m,ここが頂上だ。あとは下るだけ。

 

 

 

この下りがまた長い。1時間以上,ときどき平地をはさんでずっと下っていた。

30kmぐらいは進んだだろう。

 

 

 

 

 

 

 

着いた!キャニオンホットスプリング!!

 

 

 

 

キャンプ場のオフィスに行くと・・・え!?テント1泊35ドル!?

 

 

高すぎじゃんよ。でももう,ここをゴールに決めちゃったから仕方なく払う。

 

 

ここの温泉は,学校のプールのようになっていて,以前の,リアードホットスプリングに比べて温泉らしさが無い。しかも,温泉に入るには,別に12ドルかかるそうだ。絶対入らねえ。

 

 

ぼったくりすぎ!!アイスフィールズパークウェイでも,キャンプ場は安かったぞ!!

 

せっかく節約しようと思って2ドルしか使わなかったのに,ここのおかげで一気に37ドル。

節約にならん。

 

 

ここ数日,夜もなかなか涼しくならない。朝方まで寝袋がいらないことだってある。

日本に比べれば涼しいけど,南に行くにつれて暑くなってるのがよくわかる。

 

 

猛暑征西,しばらく雨は降らないようなので,熱中症にだけはならないように気をつけて進もう。

 

Amazon

サトウにメッセージを送る