カナダ編 対日建設アラスカハイウェイ8〜終点,0マイル〜

高いホテルに泊まった翌朝,起きてすぐに朝食を食べに行く。

 

食堂は,部屋を出てすぐのところだった。

 

 

パン,シリアル,マフィン,ポテト,卵,スープ,ジュース,牛乳どれも食べ放題飲み放題!

 

夢のような朝食だった。

 

 

写真は一部。この他に,シリアル4種類を制覇した。

満腹状態でのスタート。

 

 

 

1時間ほど走ると,小さな町が見えてきた。

 

 

テイラーという町だ。きれいなビジターセンターがあったので立ち寄る。

センターのおばちゃんに,ジャスパー国立公園の日本語の地図と,冷たい水をもらった。

 

 

その後,峠にさしかかる。

文字通り,今日の山場。箱根に比べれば全然大したことないけどね!

 

これからジャスパーまでの道では,大変な登り坂がたくさんあるようだ。ここで,自分を試すことにした。

 

ちなみに,6%っていうのは,100m進むと,6m高くなるよっていう意味。

 

 

サトウの登り方

心拍数を上げずに,ゆっくり

・苦しまない

 

 

これでどこまでいけるか,やってみた。頂上までいければ,この先の坂もきっと乗り越えていける。

 

 

前半は,安定して息を切らさずに進めた。

 

 

しかし,途中,坂が10%になった。100mあたり10m登る坂。脚の筋肉をしっかり使わないと登れない。

 

筋肉を使うと,心拍数が上がり,体温も上がる。日差しもあり,全身から汗がふきでる。

 

10%になると,時々ダンシング(立ちこぎ)を使わないと登れないことがわかった。

 

 

600m行くと10%が6%にもどり,心拍数が下がる。

 

 

45分かかって,5.3kmの坂を登りきった。

 

 

頂上で休憩。今日は,秘密兵器がある。

 

 

 

それは,氷!

 

 

ホテルに冷凍庫があったので,ボトルの水を凍らせておいた。

いい具合に溶けた氷水を,頭からかぶる!

 

 

 

最高〜!!!!

 

 

 

自転車乗りならわかるかな,暑いときに頭から水をかぶると,キラキラっていう音がするんだよ。

 

 

 

 

登りきったごぼうびのように,景色が変わった。

 

 

 

開けた土地に,一面の,黄色い花。北海道によく似た景色だ。

 

 

 

 

 

 

 

気持ちいいいいいいいいいい!!開・放・感!

 

 

道は,ゆるい登りがずっと続く。楽ではないけど,町に近づいているのがうれしい。

 

 

 

 

 

 

途中,ガスステーションを見つけてコーラで休憩。

 

 

 

氷はこういう使い方もできる。ああ,毎日氷を持ち歩きたいなあ,どうすればいいんだろう。

 

 

 

 

 

ドーソンクリークの看板だ!もう少し!

 

ところで,今日も昼はバナナ一本しか食べていないけど,体にエネルギーがみなぎっている。

朝,たくさん食べたのがよかったのだろうか。これからもそうしよう。

 

 

 

 

 

町の中心部に入る看板とともに,大きな工場が見えてきた。

 

 

フォートネルソンからドーソンクリークは,エネルギーで発展してきた町が多いようだ。

 

 

 

 

 

 

 

もうすぐ,あと数キロで,アラスカハイウェイ が終わる・・・・

 

 

 

 

初めて野宿をした,

 

初めて自転車旅人に出会った

 

この旅初めて日本人に会った

 

初めてカヌーに乗った

 

初めて大型の野生動物を間近で見た

 

初めて坂を楽だと思えた

 

 

ここまでの旅は,アラスカハイウェイとともにやってきた。

 

 

 

世界一周の最序盤が,もうすぐ終わる。

 

 

 

 

左右に建物が増えてくる。ホテルにファストフード,すし屋に楽器店・・・

 

 

そして,ビジターセンター。

 

 

 

 

車通りの多いビジターセンターの駐車場で,一人右腕を空に掲げ,叫んだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

走りきったぞ,アラスカハイウェイ!!

 

 

 

Amazon

サトウにメッセージを送る