カナダ編 対日建設アラスカハイウェイ7〜広いよフォートセントジョン〜

ホワイトホースを出発して,3つ目の町,フォートセントジョン。

 

アラスカハイウェイの始点である,ドーソンクリークまで目と鼻の先のこの町は,そうぞう以上に都会だった。

 

 

え?ディズニーランド?

 

 

 

ビジターセンターだった。これまでの大きい,とはわけが違う。

 

 

ここは町の運動公園のようになっていて,ふん水で遊んでいる子供達がいたり,北国らしく,カーリング場やアイスホッケー場があったりする。

 

 

その中にビジターセンターがあった。いつものように泊まる場所を聞いてみる。

 

 

サトウ「近くにキャンプ場はありませんか?」

職員「あるわよ,町の中ではここだけだわ」

地図に印をつけてくれる。

サトウ「ありがとうございます,行ってみます」

職員「冷たい水がのめるから,休んでいったら?」

 

 

ビジターセンターで飲む水はいつもうまい。

 

 

 

教えてもらったキャンプ場に行くが・・・民家しかない。

ビジターセンターにもどる。信号がしっかりあって,車も多い町なので,重い自転車で移動するのが大変だ。

 

 

 

サトウ「なかったんですけど・・・」

職員「あ,ごめんなさい,間違えたわ,少しはなれたところよ」

サトウ「了解,もう一度行ってみるよ」

 

 

行くと,今度はしっかりRVパークがあった。

 

 

しかし!

 

「オーナーはいませんよ,泊まりたかったらここに電話してください」

 

 

 

おいいいいい!サトウは電話できないんだよおおお!2往復したぜ,2往復!!

 

もう一度ビジターセンターに行って電話を借りることに。

 

電話「※☆●◎・・・leave your messege」

サトウ「留守電かよ!!」

 

思わず日本語で言ってしまう。

 

サトウ「もうあきらめたよ,できるだけ安いホテルを教えてください」

職員「もちろん。87ドルの,このホテルが一番安いわね」

サトウ「高いけど仕方ない,名前と場所は?」

 

そして再び街中を重い自転車で走る。

 

 

うわあ,いいところじゃん。またぜいたくしちゃうなあ・・・。

 

 

サトウ「一晩泊めてください」

ホテル「税込で100ドルです」

 

 

話がちがうううううううう!!

 

 

サトウ「ビジターセンターで87ドルって言われたんですけど!一番安い部屋でいいんです!」

ホテル「それなら・・・税込で90ドルね」

サトウ「よし!泊まります!」

 

 

カードで90ドルを支払った。ああ・・・

 

 

サトウ「自転車はどこに置いたらいいですか?」

ホテル「部屋に入れるのをおすすめするわ」

サトウ「でも部屋は2階だし・・持っていけないから外に置きます」

ホテル「大丈夫よ,部屋を変えてあげる」

サトウ「え?」

 

 

 

おいおい,こんな部屋になっちゃったよ・・・本当はもっと高いんじゃないの?

 

とにかく,値段分は全力で楽しもう!!

 

 

夜は,ホテルで近くのレストランの15%オフ券をもらったので行くことに。

木曜日はビールとタコスが安いみたいだ,ちょうど木曜日,ラッキー!

 

サトウ「ビールとタコス!それからこの,ビーフスペシャルサンド!」

ビーフサンドは,サンドイッチの中で一番高いものを頼んだ。

今日はぱーっと使う日だぜ!

 

タコス。具がたくさんあって,つまみにぴったり!メキシコ料理だよ。

 

 

 

とんでもねえのがきちまったな・・・

 

アップ。チーズ味のソースがこれでもかっていうほどかかっている。

 

 

うおおおおおうまいうまい昨日もポテトいっぱい食べたけどうまい!チーズのソースもパンも肉も全部うまい!でもしつこい!この味,2日であきそうだ!でも今は1日目だからいくらでも食えるぞおお!!

 

 

 

完・食!!

 

 

 

 

大満足でホテルに戻り,大きなベッドでネットをして夜を過ごした。

90ドルでこのレベルの部屋は,値段にあっている。しかも明日の朝ごはんもついている。

お金があれば,毎日ホテルに泊まって,ゆうがな旅ができるのにな・・・。

 

 

 

 

 

 

Amazon

サトウにメッセージを送る