カナダ編 偉大流域ホワイトホース4〜ホワイトホースの休日〜

川下りから帰った次の日。

 

これから目指すのは400kmと少しはなれたワトソンレイクという町。

 

途中で南に行く,カシアーハイウェイという道もあるのだけれど,歴史あるアラスカハイウェイを走りたかった。きょりは長くなるけど,温泉があって,キャンプ場,町も多いようだし。

 

 

 

アラスカハイウェイは,日本と深いつながりがあるので,動画で授業をしたいと思う。

 

 

出発しようにも,せっかくのホワイトホース,十分な買い物もしてなければ観光もしていない。

 

ということでもう1日いることにした。

 

天気はくもり。この写真では伝わりづらいけど,川の水の色がエメラルドグリーンで美しい。

この色は氷河がとけていることが関係あるようだ。そのうち動画で授業にしよう。

 

 

朝,とりあえずビジターセンターに行く。

 

天気はくもり。ここは自転車レーンですよ,の看板がおしゃれ!ナイスデザインだね。

 

ゴールドラッシュの時代に使われていた船のようだ。これにおおぜいの人が乗って,金を探しにいったのかな。

 

すぐにビジターセンターに到着。このあたりには,このようなきれいな建物がたくさんならんでいて,外国にいるなあという気分にさせてくれる。

 

ちなみに中は,市役所のようなものといっしょになっているようで,ビジターセンター自体はそれほど大きくなかった。

 

外に出ると,サイクリストのすがたが。マイクという若い男性で,アンカレジを目指して旅をしているらしい。同じサーリーの自転車でうれしかった。

 

彼のはディスクトラッカーという,サーリーの中でも新しい旅自転車だ。見た目もきれい。

 

マイクとはこの後,スポーツ用品店,キャンプ場と2回も会った。目的地が逆方向じゃなければいっしょに走りたいところだ。

 

 

 

おみやげ物屋さんに入る。買う気はなくても,おみやげは見ているだけで楽しい。

お金がたくさんあれば,ところどころで買って,家族に送ったりできるのになあ。

日本ではありそうでない,ぐるぐるキャンディーがあって思わず一枚。

 

 

 

とちゅうで,小学校を発見!

 

「ホワイトホース小学校」

建物がきれいだなあ。

フェンスについているのは魚。ユーコンの名物だ。

1人1匹,図工の時間に作ったのをかざってあるのだろう。

やることはどこの国でもいっしょだね。

 

 

その後,スーパーで今後の食べ物をまとめ買い。特に米と野菜をたくさん買った。

野菜はものによっては日本より安い。

 

 

ある店を発見!!

ゲーム屋だ!この旅でははじめてなので,思わず入る。日本のゲームがたくさんあった。もちろん,日本で発売されていないものもあって,

「これ,ローカライズ(日本語化)されたら絶対買うのになあ」

 

なんて思いながら15分ぐらいいた。

ニンテンドースイッチは特別コーナーになっていたよ!海外でも人気でうれしいね。

 

 

そんなこんなで,必要なものをそろえていたらあっというまに1万円ぐらいになってしまった。

これからしばらくはあまり使わない予定だけど,まあカナダアメリカではお金かかっちゃうよね。

南米に行ったら物価もぐっと安くなるらしいから,そこで調整しよう。

 

 

用がすんだら,お世話になったクロンダイクカヌーレンタルの櫛田さんのところへ。

 

カヌーのことやカナダのこと,旅のことについてしばらく話をした。

地元の方の話を日本語でじっくり聞けることは少ないだろう,とてもいい情報をもらった。

北米最大のサーモングレイシアという氷河があるみたいだ。

でも櫛田さんすみません,サトウはアラスカハイウェイを行きます。

 

 

 

 

 

夜はホワイトホース最後のお楽しみ!ビールとポテトチップス!

 

アメリカ,カナダではお菓子に税金がかかっていて,日本で買うよりずっと高い。

でも大きな袋で200円ぐらいだったので思い切って買った。予想通り,食べきれなかった。

 

 

さて,明日からまた自転車生活だ。

川下りをする中で決めた,

 

「無理せず,ゆっくり,旅を楽しむ」

 

を大切にして,1日100kmを守って走っていこう。

 

偉大流域ホワイトホースはこれにて完結!

 

 

次回から題名が,

 

「対日建設アラスカハイウェイ」

 

となります。お楽しみに!!

Amazon

サトウにメッセージを送る