カナダ編 偉大流域ホワイトホース3〜都会だね,ホワイトホース到着!〜

 

ヘインズジャンクションで音楽会をした次の日は,少し進んだところのキャンプ場でだらだら過ごして休んだのでカット。

 

いよいよこの記事で,ホワイトホースに着く。フェアバンクスからおよそ1000km,長かったぜ。

 

 

道は相変わらず,ゆるい上り坂と平地,ゆるい下り。

 

 

そして,カナダに入ってからも野生動物には会えない。

 

 

110kmほど走って,ついに!!

 

 

 

 

 

 

 

 

ホワイトホースのエリアに入ったああ!!

 

 

 

茨城県の牛久市と姉妹都市なんだね,知らなかったよ!

 

 

 

 

 

テンションが上がったので坂道でこんな写真をとる。よくとれたのでトップページの画像にしよう。

 

 

10秒前シャッターを押して走って自転車に乗り,ポーズを決める。これがなかなかむずかしくて、3回ぐらい撮り直した。

 

 

そこからは町まではまだ20kmぐらいあるんだけど,いろんな店の看板があって,町に近づいていることが感じられてわくわくする。

 

公園の「ようこそホワイトホースへ!」の前で,この旅初めての,国旗を持っての一枚。

 

 

4年3組のみなさん,本当にありがとう。3年生のみなさん、小さい旗もちゃんと持っていますよ!

 

 

ホンダのお店だ!

 

 

アメリカ,カナダでも日本の車をよく見かけます。聞いてみると,日本の車は燃費がいいんだって。

ガソリンのねだんは日本とあまり変わらないけど,大きな車はちょっと走るとすぐに入れなきゃいけないそうだ。

車で一番よく見るのはシボレーかな。

 

 

町に着いたらマクドナルドでネット。町に近いキャンプ場に泊まることにした。

ホステルは満員で入れなかったよ,残念。

 

 

 

まだ時間はある。

 

 

 

 

ユーコン川下りについてききにいこう!

 

 

 

ということで,調べておいた,日本人の方がやっているカヌーレンタルのお店へ。

 

 

カナダで,クロンダイクカヌーレンタルという会社を経営している櫛田さんと会った。

 

クロンダイクカヌーレンタル

 

 

 

こちらは看板猫のくろさん。となりの家のネコだけど,いつも来ちゃうんだって。かわいいね。

 

 

 

ど素人だけどカヌーで川下りをしたいと言うと・・・

 

 

櫛田さん「軽い気持ちではいかないでほしい」

 

 

な,なんだって!?大自然を味わいたいなんて軽い気持ちでいたぞ!

 

それから櫛田さんは,カヌーの危険性,近年起こった事故などについて詳しく説明してくれた。

中には,別の会社のカヌーだけど,亡くなっている人もいる。

 

 

はい,どうぞとすぐにでもかしてくれると思っていたけど,川下りは甘いもんじゃなさそうだ。

こんな話をされて,じゃあやめますってなるかもしれない。せっかくの客が逃げてしまうかもしれないのに・・・

 

 

信用できる!

 

日本語でならコミュニケーションが取りやすいのもあり,ここに決めた。

 

 

明日はカヌーのレッスンを受けて,明後日の出発ということになった。

 

 

ちなみにど素人の私はカヌーとカヤックのちがいも知りませんでした。

 

左がカヌー。右がカヤック。そういうことだったのね!

見てわかるように,

 

荷物がいっぱい積めるけどゆっくりなのがカヌー

荷物はあまり積めないけど速いのがカヤック

 

ってことだね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Amazon

サトウにメッセージを送る