アラスカ編7〜フェアバンクスの休日〜

朝,久しぶりにベッドでねむることができたので,気がつけば9時。

今日はやることがたくさんあるので早く起きねば,と思い,荷物整理のためいくつかの荷物を持ってホステルのリビングへ。すると・・・

 

おっちゃんたちがW杯を見ていた。ドイツ対スウェーデン。後で仲良くなる左のおっちゃんはドイツ人だから熱を入れて応援していた。

軽くサッカーの話をしたら,

「ブンデスリーガではどのチームにも日本人がいて,いいプレーをしている」と言ってくれた。

一緒に見たいところだけど,荷物のせいりを先にやってしまおう。

 

 

すると,無いと思っていたビクトリノックス(マルチツール)を発見!

これでほうちょう代わりのナイフが使える!!

 

他のゴミなどを捨ててから,テントを洗って庭に干す。

荷物整理が終わり,ホステルのかべを見ると,日本語が書いているのに気づく。

 

 

なんじゃこりゃ。ふんどりのしめかただって。

ひさびさに見た日本語がこれかい・・・

 

 

 

そして外出。まずはランチ。

ホステルのホストであるチョウさんが,taco(メキシコ料理)が好きだというので近くの店へ。

写真のセットに飲み物をつけて14ドル。1500円ぐらい。休日の今日くらいぜいたくしちゃおう。

 

右の皮,トルティーヤに具を包んで食べる。米や牛肉,じゃがいものペーストがいっぺんに口の中に入って,こりゃうまい!!

 

大満足の昼食を終えて,自転車の点検をお願いしにREIへ。

大都会アンカレジより小さいけど,商品は充実している。

左は冬用自転車装備かな。ごつくてかっこいい!

右は,ガス缶。上の赤いのを買ったけど,下はスノーピーク。日本の会社だね。

 

自転車を軽く点検してもらって,とくに問題はないようなので,新しい鍵を買って店を出た。

自転車に問題がないようで一安心。いつも重い荷物持ってくれてありがとう。

 

リュック固定用のゴムを買いに行こうと思い・・・ちょっと待てよ。

 

 

ロープ持って来たじゃん,あれでいけるんじゃない!?

 

 

そう,私は何か使えるだろうと思ってロープを買って持って来ていた。どんなロープかというと,学校のグラウンドでコースロープに使われるようなものだ。

早速ホステルにもどってためす。

 

 

赤いリュックですが,モンベルの袋に入れちゃいました。

 

 

もしかしたら,この白い袋はこのためにつけてくれたのかな・・・?

 

 

荷台にロープでしばりつける。このロープのいいところは,引っ張ると少し伸びるところ。

軽く引っ張りながらぎゅっと巻いて,動かないように固定。

 

 

 

 

 

大成功!!

うれしくて,このしばりかたを考えた自分を思わず自撮り。このドヤ顔である。

 

 

 

安心したところでお次は観光!フェアバンクスの町はどんなところだろう。

 

軍隊の学校があった。日本にも自衛隊の駐屯地はあるよね。

レンタル自転車。その名もフェアバイクス。

こんな,アメリカっぽい〜!という家が並んでいます。

マンションではみんな,ベランダに自転車を置いていたよ!ぬすまれないようにかな?

下ろすの大変そう。

 

公園にあったおしゃれな時計。みんなのんびりしています。

 

そして,これから旅に出る。みなさんにおすすめ。各地のビジターセンターにはできるだけ行ったほうがいいです!!

フェアバンクスの,ビジターセンターには本格的な博物館がついていました。もちろん無料。

 

昔のアラスカの人々は,左の写真のようなテントで毎日生活して,かりをして食べ物を得ていたんだって。今ではスーパーで何でも買えるもんね,大変だったろうなあ。

 

 

という感じで町をしばらく見て回った。全然暗くならないけど,時間はそろそろ夜だ。

 

サーモンを食べに近くのキューバ料理店へ。ネットで評価が高かった。

 

でーん,牛肉!!

 

だってサーモン3000円もするんだもん!!観光地価格じゃないの!?手が出ないよ!!

ひたすら牛肉をほおばった。これも2000円ぐらいだったけどね!

キューバ料理はすっぱい感じの味付けだった。まずまずのお味。

 

 

 

ホステルに戻る。ドイツ人のおっちゃんと身の上話をした。

このおっちゃん,世界の山々を登り歩いてるんだって。とてもパワフルな60歳だった。

明日,朝ごはんを一緒に買いに行く約束をした。

 

 

 

その後,近くの酒屋でアラスカのビールを買おうとしたが売り切れで,「アングリーオーチャード」というリンゴのお酒を買って飲んだ。果実感がしっかりあっておいしい。また飲もう。

 

 

以上!長くなりましたがフェアバンクスでの休日でした。

とても雰囲気のいい町だったので,もっといればよかったなと思っています。お金はかかっちゃうけどね。

 

 

 

さて,明日はカナダに向けて出発だ!!

 

 

 

 

Amazon

サトウにメッセージを送る