配信用ガジェット紹介①〜iPad Pro と apple pencil〜


現在このブログは,PCではなく,Ipadから更新しています。

総合的に考えるとPCの方がやりやすいんだけど,ゲーミングノートでとっても重いので世界一周には持っていけない。でも現在のIpad miniでは動画編集が心配・・・・。

 

ということで、思い切って買いました!

 

iPad pro10.5 cellerモデル

smart keyboard(純正ではない)

 

そして高校のときの部活仲間からもいただきました!

Apple pencil 

 

この3種の神器を使って,ブログの更新や動画作成をしていきます。

 

 

いやいや,使ってみてびっくり。最新技術すごいな!

 

ということで,どこがすごいかを紹介していきます!

 

すごいところその1 Smart Keyboard (スマートキーボード)

 

タブレットに接続できるキーボードはずっと前からあったでしょ,と思うだろうけど,今回のキーボードはその接続の仕方がちがうんだ。

わかりやすく図にすると・・・

 

キーボード側の充電をする必要がないんです。キーボードの電気はじしゃくを通じてipadから送られてくるようになっている。

自転車旅で毎日充電ができるかどうかわからないので,充電するものが1つでもへるのはとってもうれしい。

 

すごいところその2 Apple Pencil

 

これは買うかどうかかなりまよって,色々とネットで調べた。

使っている人はみんな,高いけどすごい!という意見だったので,仲間に相談したところ快く買ってくれた。この恩はいつか返します。

使ってみた結果。

 

お値段以上!!!!

 

未だに毎日にやにやしながらブログや動画にのせる図をかいています。

こういうペンは,どれだけ現実の紙に書いた感じに近いかが勝負だと思うけど,今出ているペンのなかではダントツで1位だ。

どれだけすごいかは,下の図を見ればわかっていただけるでしょう。

ちなみに,ノートアプリはNoteshelf2を使っています。

 

上はそっと書いて

真ん中はふつうに書いて

下は力を入れて書きました。

そう,力の入れ具合を感じて,こさが変わるんです!

ということは,日本語を書くときに大切な,とめ,はね,はらいがしっかり出るんです!

 

 

どこまで小さく書けるかチャレンジ!下の方,見えないだろうけどしっかり書けています。

ペン先より細い線も書けるなんて,どうなってんだ!?

 

おまけ ノートアプリ Noteself2のすごいところ

 

Apple pencilとノートアプリの組み合わせは,教育現場にそのまま使える。

1人1台になれば,学校の教育システムは大きく変わるだろう。

でも,新しいものや,変わることをいやがる先生も多いから,遠い未来の話になりそうだけどね。

 

ほかのノートアプリも同じだろうけど,ノートを何冊でも作れる。タイトルや表紙も自由に変えられるから,ぱっと見て何のノートかがわかりやすい!

自分は,「ブログ用スケッチ」「動画用スケッチ」「荷物」「雑記」「手紙」

の5冊を作りました。旅に出たら,国ごとのノートがたくさんできていくでしょう。

 

 

いろいろなペンを使える!

学校ではよくたくさんのペンで筆箱をいっぱいにしているけど,このアプリなら何色でも,自由自在!

油性ペン,万年筆,シャープペン,えんぴつ,けいこうペン

これらのペンが好きな色で使える。太さもそれぞれ6種類ある。

左の写真は,教科書に書き込んでいるのをイメージしたんだけど,中高生はこんな感じで使えるかな。

 

 

以上 ,ipadとその周辺機器でした。

これらの道具には,無限の可能性を感じます。自転車旅にはオーバースペックかな・・とも思うけど,日々使うものなのでいいものを使ったほうがいい!と自分に言い聞かせています。

盗まれないように気をつけるよ!

 





Amazon

サトウにメッセージを送る