自転車東海道五十三次~箱根の山は天下の険~

この東海道旅行記,3日走ったのを3回に分けなかったのは,箱根の山越えが非常に印象的だったからだ。

 

箱根。

 

日本の中でも有名な土地だ。箱根駅伝,温泉・・・最近だと,噴火のニュースで話題になった。

漫画「弱虫ペダル」でインターハイが開催されているのもここだ。

 

箱根はかつて関所があった。関所って何だろう?

以下,箱根関所のホームページより抜粋。http://www.hakonesekisyo.jp/

江戸幕府は、江戸を守るために全国の街道(かいどう)の要所(ようしょ)に関所を作りました。江戸時代第一の街道である東海道とうかいどうの重要な関所として、旅人の関所通行手形(せきしょつうこうてがた)や証文(しょうもん)をあらため、怪しい人物が通らないように監視していたのが箱根関所です。特に、江戸から京都方面へ向う「出女(でおんな)」には厳しい取調が行われていました。

 

ただでさえ越えるのがきついのに,関所があったんじゃ,たまったもんじゃないよね。

それも含めて,東海道の最難所と言われているのだろう。

 

でも,これまで北海道,台湾の山や峠を越えてきたから,関東の山も同じぐらいの感じで越えられるだろうと思っていた。

 

現実は,いつも予想より厳しい!

 

 

以下,登っているときの心の声。

いやきつい。泣くほどきつい。ナニコレ,まだ登るの,終わらないの!?

えっ,道間違えてるじゃん!せっかくこんなところまで登ってきたのに!もういいやそのまま登ろう。目的地は同じだ。

くそっ,車はすいすい登っていきやがる!ああもうダメ,500mしか登ってないけど休憩しよう。

飲まずにはやってられん。自販機を見るたびに給水給水!節約?知るかああああああ!!!

 

 

 

 

 

 

 

うおっしゃああああああああ!!!もうこれ以上高くなることはなあああああいいいいい!!!

 

 

 

下りっていいなあ,ペダルを回さなくても進むなんて最高じゃないか。

芦ノ湖に到着!いやあ,もう登り終わったから気分がいいね。ようやく写真を撮る余裕が出てきたよ。

 

 

ようし,ここからは20kmぐらいずっと下りだ。ブレーキのかけ方に気を付けて安全に下るぞ!

 

 

 

え・・・あれ・・うそ・・・箱根峠っていうのがこの先にあるの・・・・・・?

 

 

国道一号め,だましやがったな!もう無理だってさっきと同じぐらいの登りじゃん,ふざけんなよ!

 

最後の力出し切れ!うりゃああああああああ!!!!!

 

 

 

 

今度こそ・・・登り終わりだよね・・・。国道一号最高点がテンションも最高点だったよ・・・。

 

 

その後,下りは下りで怖かった。下手したら車よりスピードが出ている。でも,登りよりいい。

 

へろへろになって静岡県沼津についた。ここは大きな駅なので,ネットカフェを見つけ,ナイトパック12時間をとる。

 

節約旅行をルールとしたけど,エネルギーを補給せずにはいられなかった。サイゼリアで豪遊。

 

 

 

 

 

 

Amazon

サトウにメッセージを送る