印旛沼サイクリングロード 後編

印旛沼サイクリングロード後半!久しぶりに海まで走ったよ!

 

ダンボー
今回はぼくもいっしょだよ。新作写真もいっぱいだよ。

 

「道の駅やちよ」を過ぎると,そこからはとても走りやすい道に出る。しばらくすると,上の写真にある橋が見えてくる。

 

ダンボー
「ゆらゆら橋」っていう名前なんだって。渡るとき,ゆらゆら揺れるんだよ。飛行機に見えるよね。

 

 

ゆらゆら橋を過ぎてからは,サイクリングロードがなくなる。住宅の間の細い道や,線路の下を抜けて坂を上ると,こんないい感じの橋にたどり着く。

弁天橋。ここからは秘境コースに入れる。

ダンボー
うおー,秘境感あるなー

 

ここからが秘境コース。砂利道なのでロードでは走れないので,今回は迂回。迂回コースのほうが短いんだ。

 

 

ダンボー
また楽してる・・・

 

 

違う,そういうことじゃない。

 

 

 

迂回コースは,横戸台という住宅地の中を通る。この自販機にはいつもお世話になっている。「自販機コーナー」が渋い。昔は商店だったのかな。

こういう年季の入った看板,いいよね。

 

横戸台を抜けると,このコース最高の緑のトンネルに着く。昼でも薄暗いこの道は,使われなくなった井戸や,捨てられた家電など風情が詰まっている。

 

緑のトンネルを抜けて,ようやく休憩ポイントがある。花島公園だ。

ここにも最近,自販機が設置された。でも,節約のために右の水道で水をくむ。

蛇口が普通じゃないぞ。ひねると水が出るけど,話すと勝手に止まる。水を無駄にしない,素晴らしい工夫だなあ。

天気が悪くなってきた・・・。雲が黒い。雨が降りそうだ。

でも今日は,最後まで行くと決めたのでこのまま走る。

 

そこからはずっと整備されたサイクリングロードを走り・・・・

海に着いた。曇りのため写真が地味・・・

ここは稲毛海浜公園。人工海岸沿いに,テーブルやベンチが置かれている。晴れた日にはウインドサーフィンをする人が多く,軽やかに水上を走る三角の帆が目立つけど,今日は一つも見当たらない。

 

 

そこで,大変なものを発見してしまった。

 

 

 

 

 

おわかりいただけただろうか。

 

 

ダンボー
木のテーブルがよお・・・黒く焦げててよお・・・大きな穴が開いてるんだなあ・・・

 

 

近くには花火が散らばっていた。

事故だったのか遊びだったのかはわからないけど,ありえないだろう。もう使えないじゃん。

 

ようやくたどり着いたけど,少しだけ心が曇ったよ。

 

休憩後,来た道をひたすらに戻った。久々に長い距離を乗ったから,ももが攣りそうになった。

数日後には,東海道チャレンジが待っている。少しずつ脚を慣らしていこう。

 

 


自転車ランキング

Amazon

サトウにメッセージを送る